オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。


人間は外部からの情報収集の8割以上を目に依存しているといわれます。

でもそれは視力としての機能だけではなく、情報を色んな観点から「見る」ための目

つまり・・・

効率よく目を動かし情報を無駄なく仕入れ、奥行きを理解し、広さや幅の感覚を得て、また、そこに存在しないものさえ映像として描く力・・・・etc. etc.

という視覚機能としての「総合力」です。

これがビジョンです。


健康に生まれた赤ちゃんならほとんどの場合、何もしないで良い視力が身につきます。

でもビジョンは生まれつき十分な状態で準備されているわけでありません。
子どもが成長の中での多くの「有意義な体験」を元に育てられていくもの。


従ってビジョンには個人差が生まれます。
その個人差がときには大きな能力差となることもあります。


本を読むのに時間がかかる、球技が苦手、車の運転が下手、よくものにぶつかる、仕事の段取りが悪い、人の喋っている内容がイメージできないなど、ビジョンのマイナス面が知らないうちにあなたの足を引っ張っていることがあるのです。


一度落ちた視力を元に戻すのは容易ではありませんが、幸いなことにビジョンは年齢に関係なく向上できます。

それを効果的におこなうのがビジョントレーニングです。

アメリカで100年以上の歴史を持つ目の専門家オプトメトリストが構築してきた手法を用いることにより、ビジョンを蘇らせることが可能に。


ビジョントレーニング-「目の体操」を根気よく続けていただければ、脳を活性化させ、あなたに眠っている潜在能力を開発する可能性が生まれてくると思います。



ビジョン |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。