オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

本の文字のチカチカはある?

今でも地方のホテルや旅館に泊まると、けっこう映りの悪いブラウン管のテレビに遭遇します。

それに比べ、最近のテレビは液晶が主流で、故障も少なく、一昔前のブラウン管のテレビのように、古くなって画像が揺れたりチカチカしたりするようなことはないみたいですね。


だから、若い人にはこういった例え話はあまりピンとこないかもしれませんが・・。


ビジョンの問題には色々ありますが、ピント合わせや、両目のチームワークの問題があると、色々な症状が起こります。

例えば本を読んでいるとき;

文字が途中でぼけてきたり
文字が動いて見えたり
二重に見えたり

blur


などなど・・・
ちょうど一昔前のブラウン管テレビが「そろそろ買い換え時だよ」と教えてくれている時みたいに・・・。

そんな乱れた映像を見ていて、テレビが楽しめますか?

あるいは内容を把握できますか?

難しいですよね。


ピント合わせや、両目のチームワークの問題をもった子どもが本を読もうとするとき、文字がそんなふうに見えていることがあるんです。


当然、本の内容を理解するのは難しくなるはず。
あるいは、「もう本は好きじゃない」ということになるかも。

でも子どもは、他の子もそんな見え方をしているんだと思い込み、特に異常として訴えません。


こんな子どもの視力が1.2であれば、周囲も「ちゃんと見えてるのだから」って問題に気づかない。
本が読めないのは「きっとこの子は集中力がないんだ」「あまり賢くないのでは」なんてひどいことを言われたりして・・・。


視力測定だけでは、何もわからないんだってことを、知って欲しいですね。






子どものビジョン |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。