オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

3D鑑賞は大丈夫か?

3Dが大流行ですね。

映画はもちろん、テレビもゲームもカメラまで。


立体的に見えるというのは実に迫力があるし楽しい。

しかし、その反面心配なことも・・・。



ふたつの目の協調性、つまり両眼視機能に問題があると

立体的に見えなかったり

仮に立体映像がちゃんと見えても、疲れたり気分が悪くなったりすることが

3D鑑賞中、または鑑賞後にあるのです。


3D機器はふたつの目がある程度(100点満点でなくとも)

協調して働く状態であることを求めます。


斜視や弱視などがなく、両眼視ができる目であっても

そのレベルによってとてもつらい思いをすることがあるのです。


ビジョントレーニングはそういった目にとても効果があります。

まあ、ビジョントレーニングをやれば3D機器に依存せずとも

すばらしい奥行き感覚が身につきますが・・・。



テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ

両眼視 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。