オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

発達をあきらめない

15才の女の子。

脳性麻痺なのですが、頑張ってビジョントレーニングに通ってくれてます。


今日はシカゴのウエイン社のWayne Directiona Sequencer を使って

目と手の協調性のトレーニングです。


点灯するボタンを左右交互に指を使って押していきます。




このトレーニングをやりだしてから、目と手の協調性が向上し

また、彼女に(右と左の)ふたつの側面があるという

感覚が少し宿ってきたようです。


脳性麻痺であろうと

「この子はここまでしかできない」と決めつけてしまうような

専門家の所見が、時に大きな発達への弊害となってしまうことも

あるのではないでしょうか?


周囲はその子の発達を絶対あきらめてはいけない。


テーマ:日々の出来事 - ジャンル:ブログ

ビジョントレーニング |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。