オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

京都で居酒屋

京都には高級割烹は色々ありますが

もちろん大衆的な店もたくさんあります。


しかし、大衆的な雰囲気で

お値打ちなのに

味は高級割烹に負けないくらいの店も

少なくありません。


「神馬」は「しんめ」と呼びます。

上京区の千本通中立売にあります。

shinme1

昭和9年開業のこの店には

たぶん全てのメニューとその値段を書いた紙が

天井からぶら下がっていたり

あるいはホワイトボードにことこまかく書いてあります。

昭和3年生まれの元気なお母さんが接客してくださる

まさに「昭和」を感じさせる居酒屋・・・

shinme2

何品かいただきましたが、ホント、どれを食べてもおいしい!

ひとつずつ、ていね~いに作ってあるという感じ。

かぶら蒸しなんか、京都の他の有名店の味にまったくひけをとりません。



たまたま常連客らしい方が注文された品に目が行き

おいしそうなので

失礼ながら「それは何ですか」とお尋ねし、同じものを注文することに。

それがセコガ二でした。

セコガニは、ズワイガニの雌蟹のことと初めて知りました!

sekogani

雄ズワイガニに比べ大きさや甲羅のサイズもとっても小さい(5cm以内)のに

きれいに身をとって、殻に盛りつけてあります。

味は言うまでありません。


また京都にひとつ、好きな店が増えました。



テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

五感で感じる京都 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。