オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

まだまだ遠い日本のビジョンケア

以前ご紹介した11月27・28日開催の

国際治療教育研究所主催のセミナー

なぜ「発達障がい」の子どもは学習につまづくのか

で「視機能・視覚認知不良への支援」として

講演しました。

ilet

300名ほどの受講者はほとんどが学校の先生だったとのこと・・


冒頭で、1995年初夏にテレビ朝日で放映された

ニュースステーションの特集「目が苦しいと叫ぶ子どもたち」

のビデオをお見せしました。



いま考えても、この番組の特集の影響は大きかったと思います・・・。

この内容を見て、子どもさんの検査に来られた親御さんは

実にたくさんいらっしゃいました。

しかし、あの頃はまだ各地にビジョントレーニングの

ネットワークもなかったので

トレーニングを受けに何度も名古屋に来ていただけない距離の方は

結果として十分なケアをさせていただけなかったことが

心残りになっています。


でも、この特集がご縁で今でも私の講演を聴きに来てくださる

お母さんもいらっしゃいます。


また、こうしてたくさんの先生方が

ビジョントレーニングの重要性を理解してくだされば

きっと日本の子どもたちにもやがて明るいビジョンの未来が・・・。


しかし、この放映から15年・・・

ちょっと時間かかりすぎてるなあ・・・

自分の力の無さにむなしさを感じます。



そのあと銀座へ。

ilet3

テレビのある特番企画のお話しでそのディレクターさんとお会いしました。

この番組については、またはっきり決まったらご報告しますね。



テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

子どものビジョン |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。