オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

眼球の機動力

視力は、眼球が本来もっている「機動力」をフルに使うことによって

はじめてその‘力’を十分に発揮できるわけです。


日常私たちははたくさんの情報に視線を走らせ

毎回、次のような目の「機動力」が求められんです。


1.見たいものをしっかり追いかける(眼球の運動コントロール)

2.バックグラウンドからハッキリ際だたせる(焦点合わせ機能)

3.ふたつの目を連動させ立体的に正しく距離を捕らえる(両眼のチームワーク)


これら3つはいわば「三点セット」で

目を使うときの最も基本的な両眼の「機動力」。

オプトメトリストは「基礎両眼視機能」と呼んでいます。


「基礎両眼視機能」での眼球の機動サイクルは

reach、grasp、hold、releaseと表現されます。


Reach、まず何はともあれ目標に視線を運ばなくてはなりません。

空間内のどこに目標があるのかを正確にとらえ、視線をreach~「届かせます」。


次はgrasp。目標を包囲し、「捕まえます」。

ピントをしっかり合わせながら両眼の視線を目標にロックオンするわけです。


続いてそれを「キープする」hold

両眼でバランス良く、鮮明にピント合わせを維持しながらキープします。


そして次の目標へと視線が移る寸前に

現在の目標を「放つ」~releaseです。


再び、別の新しい目標へ視線を運ぶ際も、同じサイクルが始まるのです・・・。



テーマ:ちょっとしたこと書きます - ジャンル:ブログ

両眼視 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。