オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

三点セット

目はよくカメラにたとえられますが

私たちの目はとりあえず見えていればばいい「現在形」ではなく

むしろ、たえずダイナミックな変化を要求される「超現在進行形」です。

そもそも目をカメラにたとえたときから

「見ること」に対する大きな誤解が生まれたのかもしれません。



子どもにとってもよい視力はもちろん重要です。

が、ただ単に視力がよいというだけで

子どもがうまく目を使っているという保証はありません。

AP

視力はふたつの目がもっている「機動力」をフルに使うことによって

その本来の力を発揮します。


したがって、視力を生かすのも殺すのも次の三つにかかわってくるのです。

1.見たいものをしっかり追いかけられる眼球の運動コントロール

2.バックグラウンドからハッキリ際だたせる柔軟な焦点合わせ機能

3.ふたつの目を連動させて立体的に正しく目標物を捕らえる両目のチームワーク


この三点セットは私たちが目を使うときの最も重要な目の運動機能であり

オプトメトリストは「基礎両眼視機能」と呼んでいます。


テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

両眼視 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。