オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

およそ目とは関係ないような・・・

別にメンタルな問題ないのに

「精神科へ行かれたらどうですか?」って

お医者さんに言われたらけっこうショックですよね。

ある意味、屈辱的ですよね・・・


こんな体験話をしてくれた方を、実は私は数人知っています。

皆、両眼視の問題があったり

あるいはまったく合っていないメガネを掛けていました。


目の問題、例えばふたつの目の協調性の問題を持っていても

斜視のような比較的ハッキリわかる両眼視の問題以外は

ドクターの検査方法によっては発見できないこともあるんです。

それにより、全然問題ない目と診断されてしまう。


しかし、患者さんとして次のような症状を訴える・・・


モノが二重に見える

世の中のモノが安定して見えない

じっとしていない感じ

視点が定まらない・・・

車を運手しているとき道路標識がさっと読めない

本の文字が踊ってしまう

近づいてくるモノ、または人が恐く感じてしまう

距離によって見え方が違う

などなど・・・色々あります。


しかし、視力は1.2。

目も健康の問題ない。

だから、これらの「症状」は、気のせいじゃないか?

目ではなく「心」に問題があるのでは、と診断されたのでしょう


この方たちは

トレーニングの後、あるいはちゃんと合ったメガネを処方したあとは

こういった「精神科」的症状は消えました。



確かに世の中には「心」が病を作ってる人はいるでしょうが

機能的な目の問題は

およそ目とは関係ないような症状を見せることがあるのです!

オプトメトリックな検査をしないとわからない目の問題って

あるんです。



テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

両眼視 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。