オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

プロだって顔に当てるんだから!

いよいよ2010年の野球シーズンが始まります

楽しみですね。


しかし気になるニュースが。

埼玉西武ライオンズの‘おかわりくん’こと中村剛也選手。

先日の練習試合中、自打球を顔に当て右目の「眼窩骨折」。

大変です!

INJU

そう、プロでさえこんなケガはあるんです。


60年代にボストン・レッドソックスに所属したトニー・コニグリアーロ選手。

1965年のシーズンに32本のホームランを打ち

若干20才でもっとも若いアメリカンリーグのホームランキングとなりました。

その後は22才で104本目を打ち

ベーブ・ルースやハンク・アーロン、ウイリー・メイズといった

伝説のホームランバッターの誰よりも若くして100本塁打を達成したのです。

当然、将来を大いに期待されていました。


しかし1967年のシーズン中のカリフォルニアエンジェルスとの試合で

顔面にデッドボールを受け、左目を怪我。

tony

2年後一時はカムバックするものの、左目の完全な回復はなく

結局引退を余儀なくされてしまったのです。


今回の中村選手の怪我は「自打球」。

この自打球というのは、いくら経験を積んだプロでも

軌道が計算しにくいんです。


プロでも、せめてシーズンに入る前や、バッティングケージの中だけでは

防護フレーム、つまりプロテクション・ゴーグルを装用されることを提唱します。


プロでもそうだから、ジュニアの子どもはなおさらです。

子どもは試合中でも装用して欲しいくらいです。


筋肉は負傷しても癒えることが多いですが

目は一度壊したら元に戻らないこともあります。

野球人生以後の生活を考えても、是非とも目を護って欲しい。


中村選手が早くケガを治して

ホームラン競争に名乗りを上げることを祈ってます。


テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

目の怪我 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。