オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

コンピュータの子どもの目に与えるストレス

UC Berkeley School of Optometry study links computer use, visual problems in children

AOA NEWS(米国オプトメトリック協会ニュース) 2002 掲載記事
 
カリフォルニア大学バークレー校のオプトメトリースクールの報告では、アメリカの約3700万人の子どものコンピューター・ユーザーのうち、25~30%が眼に過度のストレスを受け、コンピューター用のメガネ装用を必要とするかもしれない、と警告。

「コンピューターを使う大人の70%以上が、何時間もコンピューターのドット映像を見つめていることから発生する、CVS (=コンピューター・ビジョン症候群 Computer Vision Syndrome)を起こしているのは、すでに多くの研究で明らかになっている」と、この研究をおこなったバークレー校の両眼ビジョン・クリニック・チーフであるオプトメトリーのドクターフーニグは言うのです。

「それだけではなく、CVSは当然子どもにも影響する」「何時間もコンピューターの前に座っていることは、他の近業とはまた異なる、独特の目のストレスを与えるのだ」と、長い時間コンピューターの前に居座る子供と、近視の発生率との強い関係を訴える。

ドクター・フーニグの研究では;

(1) 学校であろうと家であろうと、コンピューターを使う子どもの25~30%は、ただちにCVSに対応する必要
(2) より長い時間コンピューターを使えば、より早い時期から、近方での視機能の問題を発生させやすくなる

としています。

平均的なアメリカの子どもは、宿題をやったり、友達とオンラインでチャットしたり、ゲームをしたりと、毎日1~3時間はコンピューターを使うといわれている。また親も、子どもに早い年令からコンピューターに慣れ親しませようとする傾向がある。

米国オプトメトリック協会は、コンピューター使用が子どもの視機能に影響する理由として;

(1) 子どもは一般的に自覚症状に乏しい
(2) 子どもは休憩なしでコンピューターをやり続けてしまう傾向があり、それがよりストレスを大きくする
(3) 子どもは適応性が大人より高いため、大人が気づくような眼の問題を無視してしまう
(4) 子どもは大人より小さいため、コンピューター画面を見上げる視線となってしまうが、これは眼のためには好ましくない

computor


(5) 子どもは体が小さいので、キーボードに触れながら両足を床につけれないことがあり、それが首や肩や背筋のストレスや痛みにつながりやすい

を挙げているのです。

ドクター・フーニグは「子どもにコンピューターを使わせないようにしましょうと言っているのではない」「むしろ、親や教育者がこういった問題を認識し、目の問題を早期発見し、専門家のケアを仰ぐようにして欲しいのだ」とコメント。

この問題は当然日本の子どもにも当てはまりますね!


子どものビジョン |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。