オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

空気は読むな!?

KY、空気が読めない!って言葉が流行りましたね。

あっまだ流行ってるのかな?

確かに、周りの状況をうまく読み取らず、場違いなことを言ってしまう人がいたり

あるいは思わず言ってしまうことってありますよね。


医師である鎌田實先生の書かれた本「空気は読まない」の中にこんな一節が・・・。


空気の大きな圧力に負けないことが大事。

みんなが空気を読んでいると、小さな声が届かなくなる。

自分の心を殺さないことだ。自分の言葉を閉じ込めないことだ。

空気を読んで、自分の心を檻に入れないことだ。見えない空気に縛られないことだ。



空気を読めないのは、カッコわるいこともあるかもしれないけど

日本人は「右向け右」で、皆「右」向いてしまうような国民性がある。

Aが流行るとネコも杓子も一斉に「Aがいい!!」

Bが流行ると今度は一斉に「Bがいい!!」みたいなところありますよね。


流行ってること、あるいは人が皆やってることがいつも正しいとは限らないわけです。

あえてマイノリティになり、「空気に縛られず」、正しいと思う行動をとる勇気・・・。

これはいつの時代もとても大事なことなのではと思います。

昔から‘へそ曲がり’が新しい時代を築いてきたって聞いたこともあります。


鎌田先生曰く「この国に空気という妖怪が棲んでいる」。

ゲゲゲの鬼太郎に出てくる妖怪はいいんですが

「空気」という妖怪にはそそのかされないよう気をつけましょうネ!!


テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

雑 談 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。