オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ふりかえること☆

永観堂、正しくは永観堂禅林寺に

「みかえり阿弥陀像」様と呼ばれる仏像があります。

ただ、この阿弥陀様は真正面を向いていらっしゃらない。

          amida

少し横を向いていらっしゃる。

何故なら・・・

次ような説明がありました。


自分よりおくれる者たちを待つ姿勢

自分自身の位置をかえりみる姿勢

愛や情けをかける姿勢

思いやり深く周囲をみつめる姿勢

衆生とともに正しく前に進むためのリーダーの把握




昔から・・・「ふりかえってはだめ」っていうセリフ、色んなところでよく出てきますね。

勉強でも仕事でも「前進あるのみ」と

昔から「前へ進むこと」の‘美徳’を言い聞かされてきました。

経済成長の名のもと、日本人は家庭をもかえりみず一生懸命働いてきました。

その結果、世界に肩を並べる経済大国にもなりました。

確かに、何事においても前へ進もうとする志はとても大切だと思います。


しかし、少しそれにやや遅れる人も当然いる。

皆が皆、同じペースでいつも同じようにできるわけではないし。

(例えば、子どもなんか、多少発育の早い子もいれば

      少し遅れてしまう子がいてもおかしくないはず)。




最後にこんな言葉が書かれています。

真正面からおびただしい人々の心を濃く受けとめても

なお正面にまわれない人びとのことを案じて

横をみかえらずにいられない阿弥陀仏のみ心。



前へ進むことを志しながらも、いつもまわりの人びとに愛情を投げかける姿勢。

遅れる者が居れば、待っていてあげられること。

ひょっとすると、今、この国の多くの人たちが忘れかけている心。

・・・ではないでしょうか。


2010年を迎え

この「みかえり阿弥陀像」様のことを、皆で少し考えてみませんか・・・。



テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

五感で感じる京都 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。