オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

クマ歩きは慎重に

こんなこと小学生や中学・高校の学生服のときにあったくらいかなあ

と考えてしまいました。

実は今日、子どものビジョントレーニング指導で「クマ歩き」実演中

ビリッと!!

pants

スーツのズボン(今風にいうとパンツ)の後ろがしっかり炸裂してしまいました。

もうこれからはジーンズでビジョントレーニング指導しなきゃ


そのあとはさすがにこの実演は中断・・・

クマ歩きの指導してるとき、いつかはやるかなとは前々から思ってたんですが・・・

とうとうやってしまいました


そうなんです。

クマ歩きはこのくらいお尻を上げて、かかとを床につけてやらなきゃいけないんです。

kuma

両足開いて、膝もあんまり曲げないようにして

かかとはしっかり床につけて歩きます。

結構最初は窮屈ですが、それが重要なんです。

何度も根気よくやっていると

原始反射が抑制され、メンタルボディマップも整えられます。

すると空間認知力も向上し、またからだの全体的な動きも良くなります。

不思議ですね、人間のからだって・・・。

発達の問題を持った子どもには皆やって欲しいトレーニングです。


下の写真では膝も曲がってるし、かかとも浮いてしまっているので

オススメのスタイルではありません、念のため。

kuma2



ところで、ズボンの穴を見て思い出しました。

その昔小学生のとき・・・

クラスメートの女の子のズボンのお尻に

小さな穴が開いているのに気がつきました。

聞いてみると、なんでも親にお兄ちゃんのお古をはかせられてるそうで

男物ですから当然前に‘非常口’が開いてます。

それを妹にはかせたらかっこわるいという‘親心?’から

なんと前後ろ反対にはけと言われてたらしいんです

今では考えられないことですが

昭和の子どもたちはあんまりそういうこと気にしなかったみたいで!

誰もからかうことさえなかったし。

まあ、その子も可愛い顔してるのに、上が男なのですごい男勝りの子でしたらから・・・。


子どもはそんなんでいいんですよね、きっと。


テーマ:笑って育児。 - ジャンル:育児

見るトレ |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。