オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

インファント・シー・プログラムが赤ちゃんの命を救った

AOA NEWS(米国オプトメトリック協会ニュース) 2005 掲載記事

米国のステーシー・ゼラーズさんは、初めての赤ちゃんとなる、可愛い女の子のグレーシーを出産して2カ月ほどしたある日、たまたま去年、朝のテレビ番組Todayで、元大統領のジミー・カーター氏によって紹介された、米国オプトメトリック協会のインファント・シー・プログラムのことを思いだしました。

小児科では、グレーシーはすべてにおいて健康であるという太鼓判をもらっていましたが、コストはかからないし、せっかくだから受けてみようと、近くで開業していたオプトメトリストのドクター・ポール・ワグナーのところへ彼女を連れていったのです。

ところが、検査の結果、ドクター・ワグナーはグレーシーの左眼に、網膜芽細胞腫(retinoblastoma)[小児眼内悪性腫瘍で、両眼性の場合もある。多くは3才までに発症する。40%は常染色体優性遺伝。初期兆候は、白色瞳孔、斜視、視力不良など。治療の多くは眼球摘出。脳内転移する]があることを発見したのです。
紹介を受けた眼科医が手術で無事に摘出し、転移していないことも確認され、グレーシーは一命をとりとめたのです。

グレーシー


ステーシーさんは「希な病気ではあるそうだけど、もしあのとき朝のテレビ番組を見ていなかったら、娘が今頃どうなっていたか考えるのも恐ろしいわ。こういった早期発見のための検査プログラムの重要性を痛切に感じます」とコメントしてたそうです。

彼女は自分の体験を元に、インファント・シー・プログラムの重要性について、他の様々な母親のグループに講演をおこなっているそうです。



テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

目の病気 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。