オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

赤ちゃんの眼をまもるインファント・シー・プログラム

AOA NEWS(米国オプトメトリック協会ニュース) 2005 掲載記事

AOA(米国オプトメトリック協会)は、アメリカのオプトメトリストのもっとも大きな組織で、2005年の夏よりInfantSEE-「インファント・シー・プログラム」というキャンペーンをスターさせました。

これはパブリックヘルス(公衆衛生)プログラムの一環で、インファント、つまり幼児の眼のケアを、生後12カ月のあいだに受けることの重要性を啓蒙するためにおこなわれます。

AOA

AOA


眼のサイトでもお伝えしているように、視覚は人間の情報収集の8割以上をまかなっており、理想的な子どもの発達のために、眼や視覚機能のチェックはとても重要となります。

しかし、例え眼の問題があっても、幼児はそれを親に知らせることができませんから、問題の早期発見は、治療への近道となり、幼児の将来のために欠かせないケアとなります。

今回のキャンペーンでは、AOAのメンバーのオプトメトリストで検査を受ければ、1才までの幼児の検査はすべて無料に。

プログラムの名誉会長には、元大統領のジミー・カーター氏が就任して、啓蒙活動をおこなっています。

日本でも、問題の早期発見のために、こういった啓蒙活動がおこなわれることを切望いたします。



子どものビジョン |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。