オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

京の冬

冬の京都は寒かったです。
でも、感激でした。

普段は見学できない非公開文化財。

第43回非公開文化財特別公開のひとつとして、妙心寺の「三門」の中に初めて入らせていただきました。

Sanmon

今から410年前に建てられた重要文化財の中、頭を打ちそうになりながら、足を踏み外さないようにして狭い階段を上がると

楼上には観世音菩薩と十六羅漢が祀られ

極彩色鮮やかに飛天や鳳凰

そして龍の図が、柱や梁に。

もちろん三門の中は撮影禁止ですから、京都市観光協会とJRによるの「京の冬の旅」キャンペーンの表紙をご覧ください。
↓クリックしてください。
myoushinji2

そして「法堂」(はっとう)。

hattou

鏡天井には8年の年月を費やして描かれた、狩野探幽の筆による雲龍図が。

myoushinji1

これも2007年夏のJR東海CM「そうだ京都、行こう」で紹介されました。
↓クリックしてください。
myoushinzi

法堂の方は非公開文化財ではありませんが、やはり素晴らしい雲龍図。

こちらは私にとって20年ぶりの再会。感激もひとしおです。


常に世の中の平和を願われたという第95代天皇花園法皇。

花園の離宮を改めて禅寺にされ、それが臨済宗妙心寺派の大本山である妙心寺のはじまりだそうです。

西暦1337年。今から672年前です。

壮大な時間の流れの中の、その一瞬が「今」なんですね・・・。


テーマ:京都からこんにちは! - ジャンル:地域情報

五感で感じる京都 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。