オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

強すぎるメガネ使ってませんか?

ピント合わせの機能は色々なことに影響を受けます。
・・・というお話を以前のブログでお伝えしました。

例えば、ある近視の目が度数「-2.00D」のレンズで視力1.0が出るとします。

これは「マイナス2ディオプトリー」と読み、マイナスは凹レンズ、つまり近視を矯正するための中心部が薄い凹レンズの単位を意味します。

驚かれるかも知れませんが、実はもっと強い「-3.00D」のレンズでもこの目の視力は良いんです。
場合によってはさらに強い「-4.00D」のレンズでも良いままかも知れません。
それはすべて年齢、つまりピント合わせの力が大きく影響します。
個人差はありますが、20代後半から30代前半ぐらいまでの若い目の場合に限られますが。

少々余分に強い度数を装用してもピント合わせの力がその過剰部分をカバーしてしまい、視力はさほど影響受けないことがあるのです。
私たちはこれを通称「オーバーマイナス」と呼んでいます。

でもこれでよいのでしょうか?

だめです!

ものが途中でぼけてきたり、あるいは目が疲れるはずです。
色々な目のストレスを生み、近視をより進行させることもあります。

目以外のところに症状として出る場合も。
肩こり、頭痛、集中力がない、イライラなど視力と関係ないようなところに。

こういった強すぎるメガネを掛けていても気がつかない人もいますが、症状に関係なく、目のためにはよいことではありません。


メガネの度数を合わせることには技術が要ります。
今や眼科医院やメガネ屋さんでは、とても優れたコンピュータ制御の検眼機械を使用しています。

すぐれた機械ですが、人間の心までは読んでくれません。

検眼は昔も今も検査する人の感性と熟練の「技」が要求されます。


検査する人によっては、残念ながらとんでもないメガネになってしまうこともあるのですよ・・・。


テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

メガネ |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。