オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

空間を読む

この子は指示されたデザイン見本を見ながら、目の前にパーカイヤーブロックで作っています。

pblock

見本は床の上。

しかも、写真ではわかりにくいかもしれませんが、見本は横置きです。

彼が机の上に作ったブロックのデザインは縦です。


床に横置きされた見本を自分の正面、縦にもってきたときどうなるか視覚で考え再現するトレーニング。

見本は床の上ばかりでなく、正面の棚の上に横置きにしたり、窓に置いたりと、あらゆるオリエンテーションでセットすることもします。

子どもは自分の視覚を駆使して、すべて机の上真正面に再現します。

「視覚思考トレーニング」のひとつで、子どもの柔軟な空間認知力を育てるものです。


例えば、やや自分から離れたところにある黒板という垂直な場所に書かれた文字や絵を自分の目の前で水平に置かれたノートの上に書き写すことさえ、視覚的に未発達な子どもにとっては大変な作業となるのです。

板書が遅い、苦手だという子どもの中には、そういった未熟さをもった子どももいるのです。


視力が良いだけでは何も約束されてません。

空間のさまざまな場所にあるあらゆる物体を自分の中で正確に認知できるようにすることは、学びが正しくおこなわれるために必要です。

こういった力もビジョントレーニングが効果的に養います。


テーマ:自己啓発・能力開発 - ジャンル:学校・教育

子どものビジョン |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。