オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

目についての理解を深める

小学校の先生のための雑誌が出ているとは知りませんでした。

shou


しかも学年別にあるのです。
教育技術という小学館から出ている月刊誌。

今回「小三」、小学校三年生の先生向きの10月号で、ビジョントレーニングの取材をいただきました。

タイトルもずばり、「ビジョントレーニング」のすすめ

~‘見る力’を呼び起こし、子どもたちの学ぶ環境を整える~ です。

視力ではわからない、子どもたちの見る力の差を認識し、皆を同じスタートラインに並べましょうと訴えました。

即ち、視力が良くても、見る技術に劣る子どもは能力に関係なくハンディを背負っているのですから、そこのところをちゃんと見てあげてください!とお伝えしました。

この記事でたくさんの先生が、子どものビジョンの問題に関心を寄せていただけたら嬉しいです!



テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

子どものビジョン |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。