オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

子どものビジョンを理解するには

小児精神科医で、エール大学子供発達クリニックの創設者でもあった、ドクター・アーノルド・ゲゼル(Arnold Gesell)(1880-1961)は、こんなことを言っています;

「見る」ということは、独立した個別の機能ではなく、
子どもの全体的な行動と統合され、彼らの特性と密接な関係にある。

子どものビジョンを理解するには、彼ら自身を理解しなくてはならないし、
子どもを理解するには、彼らのビジョンを理解しなくてはならない。


ここで言うビジョンとは、もちろん視力だけのことではありませんが・・・。


テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

子どものビジョン |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。