オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

飛んでくるボールに差し込まれる

先日プロ野球2軍チームの選手の目を検査しました。


コーチ曰く、「身体能力は非常に高いのに、彼はどうかするとボールに差し込まれることがある」「なんとか捕球できるのだけど、危なっかしいときがある。目が原因のような気がするんです」とのことでした。


検査の結果、手元にせまってくる目標物に対して両目を均等に寄せていくことが下手な「輻輳不全(ふくそうふぜん)」という状態。


ブロックストリングでも、手元の玉はけっこう苦手。


不安定な動き。両目がお互いに反発し合ってる。


両目のチームワークの問題では、もっとも頻度の高いタイプです。

スポーツ選手にもよくあるタイプ。


この選手は内野手。速いボールの処理が必要です。


自分に迫ってくるボールを的確に捕らえる上で、ふたつの目が難なく寄っていくことができないとまずいです。


もちろん、そういった目使いができなくても捕球はできます。


それは人間が優秀な脳を持っているから。


いわゆる「体験からくる」ボールの軌道の読み。


長く野球やってきた人なら、打者の打ったボールがバウンドする様子のデータはたくさん脳裏にしまってあります。


だからからだで憶えて、できてしまう。

彼のような目でも、けっこう捕球できてしまう。

しかし、それはそれ。


1軍でゴールデングラブもらおうと思えば、滑らかにボールを鼻先まで追える「両目のチームワーク」は必須条件。


彼は納得して、今トレーニングに励んでます。


テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

スポーツビジョン |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。