オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

誰に遠視のメガネ作ってもらうの?

視力が良くて今までメガネなんか掛けたことなかった人が、30才後半になって手元が見にくくなったり、コンピューターなどの仕事に伴う眼精疲労や頭痛が出てきた場合、有力な原因として「遠視」が疑われます。


遠視の人は遠くがよく見えてとても都合がよい。

と、考えられていますが、それはそのウラで毛様体筋が水晶体を一所懸命コントロールしているから。

つまり、遠視の目の場合、ものをはっきり見ようとするときはいつも、目のウラでの「頑張り」が支えとなっているのです。

でも頑張りにも限りがあります。


特に40才近くになると毛様体筋の力、つまりピント合わせの力が衰えてくるため、遠視の分をカバーするのが精一杯。

手元の細かい文字にピントを合わせる分なんてとても負担が大きすぎて‘しんどく’なる。


すると、「老眼」でもないのに近くの文字が見にくくなったり、あるいは目が疲れる、さらに頭痛まで起こる。 ことがある。


遠視のメガネを掛ければ、かなり楽になりますよ。


ただし、遠視の目の検査は簡単そうで難しい。


いくら衰えたピント合わせの力だといっても、これが検眼中邪魔をするからやっかい。

検査する人の腕前によっては、本当の遠視を見つけることができないこともあります。

要は、検査する人が遠視の目の‘クセ’をちゃんと知っているかなんです。


眼科やメガネ屋なら、検査はどこでも大丈夫。と、いうわけでもないんですよ、残念ながらこれが‥。




テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

遠 視 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。