オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

メガネをつくるとき

通称「オートレフ」。

auto


オートレフラクトメーターとは、目の屈折状態、つまり近視、遠視、乱視の状態などを測定するコンピュータで制御された機械のこと。

メガネ屋さんはもちろん、眼科医院にもかならずといっていいほど置いてあります。


検眼をおこなう際、この機械でまずおおまかな度数を割り出します。

これを「他覚検査」といい、被検者;検査される人の意思に関係なく、その人の目の屈折状態を把握するためにおこないます。


そのあと、「どっちが見やすいですか・・」とか「この文字は読めますか・・」などと被検者に尋ねながら進めていく「自覚検査」をおこないます。

こうして最終的にメガネやコンタクトレンズを処方する度数を決めるわけ。

「他覚検査」、「自覚検査」共にとても重要な検査。



オートレフはとても便利な機械です。

しかしその値を過信することなく、被検者の微妙な反応を感じ取りながら自覚検査をおこなう必要があります。


長年の経験がものを言う検査でもあります。

メガネの度数の決定には、色々な要素を考慮しなきゃなりません。


テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

メガネ |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。