オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ハイハイ

赤ちゃんがハイハイをしはじめると、テーブルの足に頭をコツンとぶつけたり、からだをどこかにひっかけたりします。


すると皮膚の表面や皮膚の下の神経終末がその情報を脳へ送ります。


赤ちゃんが手足を動かすことにより、固有受容からからだの姿勢や位置についてのメッセージを脳が受けます。


さらに頭やからだを動かすことによって、三半規管が脳に重力のメッセージを送ります。


これらのメッセージは眼球運動、姿勢、バランスに影響を与え、赤ちゃんのからだの動きをじょじょにより統制のとれたものとしていきます。


baby


こういった動きによって得た「自分のからだは今どこにあり、どっちを向いているのか」などという情報が、子どもの発育のなかできわめて重要なメッセージとなるのです。



これがメンタルボディマップのはじまり。



でも、まだまだはじまりですよ。


テーマ:子供の成長 - ジャンル:育児

子どものビジョン |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。