オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ある眼科先生の見解

数週間前、「週間文春」に載った記事です。

梶田眼科病院の梶田先生という方が書かれた記事。

↓クリックしてください。
enshi


少なくとも眼科医で

遠視に関してこういった見解をもっていらっしゃる方は珍しいと思います。


私は梶田先生のおっしゃっていることとまったく同意見ですし

そういう考えで、今まで子どもはもちろん若い人のメガネを作ってきました。

これはオプトメトリスト的な考えだと思います。

後半の近視手術に関することも、まさに「同感です!」



さらに「軽度から中程度の遠視は見過ごされている」

そのとおりです、遠視の検査は簡単そうで難しく、メガネ屋さんでもよく見逃されます。

若い人や子どもの目では特にそうです。


「視力がよくて集中力がない子どもは遠視の検査を試みるべきです」

もちろん集中力がない子どもが皆遠視とはいえませんが、これも正しいと思います。

遠視はときに「落ち着きのない子」をつくります。

見えていれば遠視でもメガネはいらない!とは言えないのです。


ただしはっきり言って

梶田先生のおっしゃる「屈折や調節に詳しい眼科」を見つけることは

容易ではないと思うのですが・・・。



スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

遠 視 |

なでしこ、おめでとうございます!

なでしこJAPAN素晴らしいですね。

sawa

3年前のアテネで金をとった女子ソフトボールの試合を思い出しました

あのときも決勝はアメリカとの試合でしたね。


やはり日本女性は強いなあ!

男も頑張らなきゃ。


だからというわけではないですが‥

ずいぶん長い間使っていた研究所内のエアコンを、節電のためにも一新しました。

aircond

昔のエアコンと違って、色々と細かい設定ができるようです。

でもそういうのは’携帯世代’の佐藤先生の方が得意のようで

satoair

スイッチピッピッって、設定は彼女に全部まかせることに。

ここでも女性上位でした。


テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ

雑 談 |

両眼視機能とは?

暑い日が続きますね。

皆さん熱中症にはくれぐれもお気をつけくださいね。



今日は両眼視のおはなしします。


両眼視とは文字通りふたつの目で見ること。

私たちはそれぞれの目から入ってきた情報を

脳でひとつに融合(これを「融像」といいます)し

3D効果の立体視が生まれます。


しかしそのためにはふたつの目が

仲の良い夫婦のようにいつも同じ方向を向いていないといけません。


でも残念ながらそうはいかない目もあるんです。

それは斜視のような問題のない目でも起こるんです。


それぞれの目はちゃんと動いているのに

いざふたつ一緒となると、うまくかみあって動いてくれない目があります。

その状態は多種多様で

症状のある人も居れば、何も感じてない人も居ます。


視力がいいから自分の目はOKだと思っていると

えらい目にあうこともあるのですよ!


でも我が国では検眼をする人のしっかりした国家資格制度はないので

こういった問題を見つけてくれる専門家は

かならずしも多くいません。


↓これは両眼視の状態を磨いているプロ野球選手です。

van



テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

両眼視 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。