オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オカちゃんのメンタルアドバイザー☆

白石豊先生。

福島大学教授

また附属中学の校長もなさっています。

Shiraishisensei

もっとも最近では、あのワールドカップで善戦したオカダ・ジャパン

岡田監督のメンタルアドバイザーとしても活躍されました。

「どんな状況になっても、岡田監督は勝利を心から信じていて

そのための最善の手を打ち続けた」そうです。


その他にも・・・

阪神タイガーズ下柳剛選手

アトランタ五輪女子バスケットボール代表萩原美樹子選手

ヒルマン監督下の日本ハムファイターズ

バンクーバー五輪スケート銀メダリスト田畑真紀選手

日本ハム田中賢介選手などなど

たくさんのスポーツ選手のメンタルトレーニングを担当してこられました。


先生とは10年以上前からのおつきあい。

先生のお誘いにより

全日本クレー射撃チームやシドニー五輪新体操チームに

ビジョントレーニングで関わることができました。


今回は岐阜で講演があったので・・・。

いつもたくさんのことを勉強させてもらってます。



スポンサーサイト

テーマ:サッカーワールドカップ - ジャンル:スポーツ

People |

チャンプの目☆

このムキムキの腕は・・・

yakusan2

いやいや、決してあの方面の恐い方ではないんです。

yakusan1

元WBC世界バンタム級チャンプの薬師寺保栄さんです。


薬師寺ジム(アスレチックジムとボクシングジム)のオーナーということもあって

模範となるような筋肉をつけているんでしょうが

最近の彼は、バンタム級のときに比べ2倍くらいにデカくなってます


これが彼の今の愛車。

challenger


ダッジ・チャレンジャーという車。

そのむかし一世を風靡したアメ車のリメーク版です。

実は私もこの手の車は好きなんですが、彼も昔からアメ車好き

しかもノーマルでは乗らない人です。

その辺のポリシーは以前から変わってません。


若い時には‘やんちゃ’もやった彼ですが

いまだにアメ車好きなところは、いくつになっても気持ちが若いことの証。

好感が持てます。


現役のときから、彼は車も運転も大好きでしたが

考えてみれば、運転好きであったことは

出入りの激しいボクシングでの「動体視力」にプラスになっていたのではと思います。

周辺視野をうまく使い、視線をぱっぱっと切り替える・・・

ボクシングにも運転にも共通してます。



しかし、信号待ちで、この車で、この風貌のドライバーととなりあわせになったら・・

私は絶対に目を合わせたくないです・・・


テーマ:アメ車 - ジャンル:車・バイク

スポーツビジョン |

眼球の機動力

視力は、眼球が本来もっている「機動力」をフルに使うことによって

はじめてその‘力’を十分に発揮できるわけです。


日常私たちははたくさんの情報に視線を走らせ

毎回、次のような目の「機動力」が求められんです。


1.見たいものをしっかり追いかける(眼球の運動コントロール)

2.バックグラウンドからハッキリ際だたせる(焦点合わせ機能)

3.ふたつの目を連動させ立体的に正しく距離を捕らえる(両眼のチームワーク)


これら3つはいわば「三点セット」で

目を使うときの最も基本的な両眼の「機動力」。

オプトメトリストは「基礎両眼視機能」と呼んでいます。


「基礎両眼視機能」での眼球の機動サイクルは

reach、grasp、hold、releaseと表現されます。


Reach、まず何はともあれ目標に視線を運ばなくてはなりません。

空間内のどこに目標があるのかを正確にとらえ、視線をreach~「届かせます」。


次はgrasp。目標を包囲し、「捕まえます」。

ピントをしっかり合わせながら両眼の視線を目標にロックオンするわけです。


続いてそれを「キープする」hold

両眼でバランス良く、鮮明にピント合わせを維持しながらキープします。


そして次の目標へと視線が移る寸前に

現在の目標を「放つ」~releaseです。


再び、別の新しい目標へ視線を運ぶ際も、同じサイクルが始まるのです・・・。



テーマ:ちょっとしたこと書きます - ジャンル:ブログ

両眼視 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。