オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

脳の血流って

昨今、よく聞く「脳の血流」のことで

少し疑問があります。


人間の脳の働きを理解する上で、脳の血流を調べたりすることは有効なことなんでしょうか?

また、例えば音読とか計算とかによって血流が増していることがMRIでわかるから

それにより「脳が鍛えられている」と言い切ってしまっていいのでしょうか?

さらに、本当に「前頭前野」をどんどん使って鍛えることは、頭が良くなることに通じるといえるのでしょうか?


脳の専門家の先生がおっしゃるのですから間違いはないのでしょう・・・。


しかし、「頭がいい」とは何でしょう?

暗記がたくさんできること?

計算が速いこと?

学校の成績が良いこと?


たぶん・・・脳は「鍛える」ことにより「頭をよくする」のではなく

「学習させてうまく使うようにさせる」ものだと思うんですが。

頭がいい悪いじゃなくて

いかにじょうずに頭を使っているか、が問題なのでは?

脳というものは、本質的にほとんど人によって違いがないのではと思うからです。


脳を細胞レベルで探るのも大切でしょうが

その人の外にあらわれる「行動」も見なきゃと思ったりします。

論理的思考、視覚表象化、正確な空間の把握、三半規管との調和など

年をとってからも(もちろん若いときも)

私たちが楽しく健康的に生活する上で頭(脳)に求められることはたくさんあります。


いくら記憶力が優れていても

学校の成績が良くても

三半規管に問題があればこの世はとてつもなく煩わしい世界になり

楽しく生活などできません。

また論理的に筋道を立てて思考する力がなければ

人とのいさかいが耐えなかったり

人にわかりやすくお話をしたりすることもできなくなる。


そして視覚表象化の力で、創造力が永遠につきない。



脳の血流だけを見て脳の力を判断するのは・・・

視力だけを見て視覚の力を判断しようとしているのに似てる感じがしますが

こんなこと思うのは私だけでしょうか?



スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

雑 談 |

シンキングスクールからのお知らせ☆

いよいよ来週からシンキングスクール春の集中セミナーがはじまります!

2010年度 春期3日間集中セミナーの日程は以下のようになります:

Aコース:25日(木)~27日(土)

Bコース:29日(月)~31日(水)

Cコース:日(木)~日(土)

☆ 全コース 午前の部:10:00~12:00 と

      午後の部:13:00~15:00 です


↓クリックすると拡大いたします
haru1

haru2


プリントやブロックなどを使って

子ども同士わいわい楽しみながら学んでいただき

目の使い方を通して、学びのヒントやキッカケを掴み

多くのことを発見する場です


まだ若干空きがあります。

052-262-5765

お気軽にお問い合わせください


テーマ:★★おすすめ♪★★ - ジャンル:ブログ

見るトレ |

およそ目とは関係ないような・・・

別にメンタルな問題ないのに

「精神科へ行かれたらどうですか?」って

お医者さんに言われたらけっこうショックですよね。

ある意味、屈辱的ですよね・・・


こんな体験話をしてくれた方を、実は私は数人知っています。

皆、両眼視の問題があったり

あるいはまったく合っていないメガネを掛けていました。


目の問題、例えばふたつの目の協調性の問題を持っていても

斜視のような比較的ハッキリわかる両眼視の問題以外は

ドクターの検査方法によっては発見できないこともあるんです。

それにより、全然問題ない目と診断されてしまう。


しかし、患者さんとして次のような症状を訴える・・・


モノが二重に見える

世の中のモノが安定して見えない

じっとしていない感じ

視点が定まらない・・・

車を運手しているとき道路標識がさっと読めない

本の文字が踊ってしまう

近づいてくるモノ、または人が恐く感じてしまう

距離によって見え方が違う

などなど・・・色々あります。


しかし、視力は1.2。

目も健康の問題ない。

だから、これらの「症状」は、気のせいじゃないか?

目ではなく「心」に問題があるのでは、と診断されたのでしょう


この方たちは

トレーニングの後、あるいはちゃんと合ったメガネを処方したあとは

こういった「精神科」的症状は消えました。



確かに世の中には「心」が病を作ってる人はいるでしょうが

機能的な目の問題は

およそ目とは関係ないような症状を見せることがあるのです!

オプトメトリックな検査をしないとわからない目の問題って

あるんです。



テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

両眼視 |

プロだって顔に当てるんだから!

いよいよ2010年の野球シーズンが始まります

楽しみですね。


しかし気になるニュースが。

埼玉西武ライオンズの‘おかわりくん’こと中村剛也選手。

先日の練習試合中、自打球を顔に当て右目の「眼窩骨折」。

大変です!

INJU

そう、プロでさえこんなケガはあるんです。


60年代にボストン・レッドソックスに所属したトニー・コニグリアーロ選手。

1965年のシーズンに32本のホームランを打ち

若干20才でもっとも若いアメリカンリーグのホームランキングとなりました。

その後は22才で104本目を打ち

ベーブ・ルースやハンク・アーロン、ウイリー・メイズといった

伝説のホームランバッターの誰よりも若くして100本塁打を達成したのです。

当然、将来を大いに期待されていました。


しかし1967年のシーズン中のカリフォルニアエンジェルスとの試合で

顔面にデッドボールを受け、左目を怪我。

tony

2年後一時はカムバックするものの、左目の完全な回復はなく

結局引退を余儀なくされてしまったのです。


今回の中村選手の怪我は「自打球」。

この自打球というのは、いくら経験を積んだプロでも

軌道が計算しにくいんです。


プロでも、せめてシーズンに入る前や、バッティングケージの中だけでは

防護フレーム、つまりプロテクション・ゴーグルを装用されることを提唱します。


プロでもそうだから、ジュニアの子どもはなおさらです。

子どもは試合中でも装用して欲しいくらいです。


筋肉は負傷しても癒えることが多いですが

目は一度壊したら元に戻らないこともあります。

野球人生以後の生活を考えても、是非とも目を護って欲しい。


中村選手が早くケガを治して

ホームラン競争に名乗りを上げることを祈ってます。


テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

目の怪我 |

たまには愚痴ってみました!

昨日の松山からの帰りに、京都を新幹線で通過しました。

いつもながら列車の窓から見える大きなコンクリートの京都駅。

この何年間かのうちに見慣れてしまった光景ですが。


以前は、京都タワーも先っぽだけでなく全体が列車から見え

また、はんなりした京都の町並みもそこそこ見えたものです。

昔の京都駅は小さな駅でしたから。


この巨大な京都駅が建つときには、当時色々と物議が巻き起こりました。

京都の景観にふさわしくない、ということで・・・。

お寺のお坊さんたちが怒ってました。

しかし結局建ってしまいましたね。


色々なお店やホテルができて確かに便利にはなりましたが

私は未だにこの駅は好きじゃないです


やっぱり京都らしくない、と感じます。


でも、あの京都タワーさえも建った当時は色々とあったらしいです。

皆、目が慣れてしまっていくのでしょうか??


ついでにもうひとつ愚痴らせてください。


今、テレビで取り上げられている宮内庁発表のニュース。

なんか変。

何故この話を表沙汰にする必要があったのでしょうか??

子ども同士のことに大人が土足でズカズカと入り込んでいく感じです。

こんなことして誰が得するのでしょう??????



テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

雑 談 |

松山も雨でした!

松山での「子どもの発達に役立つビジョントレーニング」講演、無事終わりました

matsu

いつもたくさんの方たちに聴きにきていただいてとても幸せです。

ありがとうございます!

イプラスの「目の学校」クラスもますます盛況のようで、嬉しいです


しこくの道「うまいんじょ!」のポスターです。

umai


日本はどこへ行ってもおいしいもので溢れていますね!

帰りにはお約束のうどん買いました!


テーマ:日々の絵・イラスト - ジャンル:ブログ

子どものビジョン |

空気は読むな!?

KY、空気が読めない!って言葉が流行りましたね。

あっまだ流行ってるのかな?

確かに、周りの状況をうまく読み取らず、場違いなことを言ってしまう人がいたり

あるいは思わず言ってしまうことってありますよね。


医師である鎌田實先生の書かれた本「空気は読まない」の中にこんな一節が・・・。


空気の大きな圧力に負けないことが大事。

みんなが空気を読んでいると、小さな声が届かなくなる。

自分の心を殺さないことだ。自分の言葉を閉じ込めないことだ。

空気を読んで、自分の心を檻に入れないことだ。見えない空気に縛られないことだ。



空気を読めないのは、カッコわるいこともあるかもしれないけど

日本人は「右向け右」で、皆「右」向いてしまうような国民性がある。

Aが流行るとネコも杓子も一斉に「Aがいい!!」

Bが流行ると今度は一斉に「Bがいい!!」みたいなところありますよね。


流行ってること、あるいは人が皆やってることがいつも正しいとは限らないわけです。

あえてマイノリティになり、「空気に縛られず」、正しいと思う行動をとる勇気・・・。

これはいつの時代もとても大事なことなのではと思います。

昔から‘へそ曲がり’が新しい時代を築いてきたって聞いたこともあります。


鎌田先生曰く「この国に空気という妖怪が棲んでいる」。

ゲゲゲの鬼太郎に出てくる妖怪はいいんですが

「空気」という妖怪にはそそのかされないよう気をつけましょうネ!!


テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

雑 談 |

新しい科学館

特別視機能研究所へビジョントレーニングに来ていただいてる方の中には

結構遠方の方もいらっしゃいます。


特に子どもさんをトレーニングで連れてこられる親御さんの中には

せっかく名古屋まで来るんだからと、時間の合間をぬって観光されちゃう方も。

研究所は名古屋のほぼ真ん中にありますからその点でも便利です。


これは研究所のあるところからすぐの街角に突然あらわれた謎の球体。

kagaku1

もっと近づくとこんなかんじです。

kagaku2

これは現在増築中の名古屋科学館。

私が小学生の頃からここの科学館のプラネタリウムは有名でした。

遠足でもよく行きました。

今回のリニューアルによって内容は一段と良くなるようです。

完成はまだ来年の話ですが

たまにはゆっくり星の輝く天界を眺めてリラックスするのもいいですね!

研究所からはすぐ近くなので、トレーニングついでに寄っていただくのもよいかも。


出来上がったらこんなふうになります。

↓クリックしてください。
NEWK




日本がオプトメトリー制度を導入し

北は北海道から南は沖縄まで

ビジョントレーニングができるオプトメトリストが居るようになれば

名古屋までわざわざ足を運んでいただく必要もなくなるののですが・・・。

でもトレーニングついでに観光ってのいいのかも?



テーマ:写真日記 - ジャンル:モブログ

ビジョントレーニング |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。