オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

目の学校☆進行中

YOGAやってるお陰で、こんな姿勢とっていても最近は腰が痛くなりませ~ん

retinoscopy

瞳孔にハロゲン光をあて、その反射光をレンズで中和しながら

隠れた屈折度数(遠視や近視、乱視など)を「他覚的」に見つけます。

レチノスコープは、子どもの検査では特に欠かせない検眼ツール。

だからまだコミュニケーションすることさえままならない小さな幼児さんでも

5秒ほどじっとして目を開けていてくれたら検査可能です


このお嬢さんは東京は赤羽にあるイプラス赤羽で

この春スタートした「目の学校」に通っている小学生。

Akab

今日は「念のため」のビジョンチェックでしたが

各項目とも、ことごとく合格


この日は他にも十名ほどビジョンチェックさせていただきましたが

どの親御さんも「イプラスで目の学校始めてから、目やからだの動きが良くなっている」

ことを実感されてました!

しかも、皆、毎週通うのをすごく楽しみにしていただいてるようです。

オプトメトリーの概念に基づいてできあがったこのプログラム。

好評です



帰りの新幹線の中でいただいた弁当映像。

野菜たっぷりでごぜいまする

bentosan

おいしゅうごうざいました

ちなみに、これは2月のテレビ収録出張でご紹介した弁当と同じです。


スポンサーサイト

テーマ:良いコトあったよ(ノ´∀`ノ☆。゜ - ジャンル:ニュース

見るトレ |

いよいよスマート

子どもがゴロゴロと床の上を転がっています。

これはRollingと呼ばれるからだの動きのトレーニング。

なんと「正しく見る」ための土台となる動きです。

gorogoro

すでに去年から東京の山口シヅエガーデンでもスタートしたスマート

子どものためのビジョントレーニング・プログラム。

見ることとからだの感覚は実に密接な関係があります。

そこをスマートでは刺激します。


いよいよ若田接骨院でもスマートが始まります。

それに先駆けて今日は体験会を開催していただきました。


若田接骨院の近藤先生は

以前WBA世界スーパーフライ級チャンピオンとなった

飯田覚士さんが現役のときからだのケアをしておられました。

ちょうどその頃、私が飯田さんのビジョントレーニング指導させていただいてました。

ビジョントレーニングの重要性は理解していただいているようです。


近藤先生はじめ若田接骨院の他の先生のご理解とご協力のもと

スマートが順調に出発できること祈ってます。



テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

見るトレ |

クマ歩きは慎重に

こんなこと小学生や中学・高校の学生服のときにあったくらいかなあ

と考えてしまいました。

実は今日、子どものビジョントレーニング指導で「クマ歩き」実演中

ビリッと!!

pants

スーツのズボン(今風にいうとパンツ)の後ろがしっかり炸裂してしまいました。

もうこれからはジーンズでビジョントレーニング指導しなきゃ


そのあとはさすがにこの実演は中断・・・

クマ歩きの指導してるとき、いつかはやるかなとは前々から思ってたんですが・・・

とうとうやってしまいました


そうなんです。

クマ歩きはこのくらいお尻を上げて、かかとを床につけてやらなきゃいけないんです。

kuma

両足開いて、膝もあんまり曲げないようにして

かかとはしっかり床につけて歩きます。

結構最初は窮屈ですが、それが重要なんです。

何度も根気よくやっていると

原始反射が抑制され、メンタルボディマップも整えられます。

すると空間認知力も向上し、またからだの全体的な動きも良くなります。

不思議ですね、人間のからだって・・・。

発達の問題を持った子どもには皆やって欲しいトレーニングです。


下の写真では膝も曲がってるし、かかとも浮いてしまっているので

オススメのスタイルではありません、念のため。

kuma2



ところで、ズボンの穴を見て思い出しました。

その昔小学生のとき・・・

クラスメートの女の子のズボンのお尻に

小さな穴が開いているのに気がつきました。

聞いてみると、なんでも親にお兄ちゃんのお古をはかせられてるそうで

男物ですから当然前に‘非常口’が開いてます。

それを妹にはかせたらかっこわるいという‘親心?’から

なんと前後ろ反対にはけと言われてたらしいんです

今では考えられないことですが

昭和の子どもたちはあんまりそういうこと気にしなかったみたいで!

誰もからかうことさえなかったし。

まあ、その子も可愛い顔してるのに、上が男なのですごい男勝りの子でしたらから・・・。


子どもはそんなんでいいんですよね、きっと。


テーマ:笑って育児。 - ジャンル:育児

見るトレ |

緑色は目とハートに良いのか?☆

これはヨーロッパの街角の写真ではありません。

brick1

先日、打合せで東京へ行ったついでに・・・

新しく丸の内にオープンしたブリック・スクエアへ。


今までの丸の内ビルや新丸の内ビルと大きく違い、こじんまりしてます。

しかし、真ん中に庭園があり、とにかく緑がいっぱい。

brick2

それを囲むようにレストランやカフェがあります。

なかなかいい雰囲気の空間です。

すぐ近くに東京駅があるように思えません。


緑色は目にいい、とよく言われます。

その根拠は、緑の光は人の網膜にあんまり負担をかけない波長だから。

緑色を見てるときは他の波長の色に比べて疲れにくく

集中力も保ちやすいと考えられているようです。

黒板、野球場、ビリヤード台など、集中力を求められる場所で緑がよく使われているいる理由とも‥。


ま、植物がたくさんの場所は、いずれにせよ癒される感じで

しかも気持ちよいですね!



テーマ:とっておきの情報いろいろ - ジャンル:ニュース

ビジョン |

目の学校☆講演

来月、10月25日(日)に新宿で講演させていただきます。


イプラスの「目の学校」のイベントで、子どものビジョンに関する講演です。


子どもの目にとっての、視力以外のさまざまな機能について解説し

同時に家でやっていただけるトレーニングなどもお話します。


当日は子どもさんとご一緒に来場されれば、その場で色々試していただける

トレーニングもご用意してます。


詳しくはここをご覧ください。

皆さんとお会いできるのを楽しみにしています


テーマ:発達障害 - ジャンル:学校・教育

子どものビジョン |

なくてはならないもの☆両眼視

両眼視トレーニングを語らずして「動体視力」うんぬんはありえない。

これが私の持論です。

いや、むしろオプトメトリストに共通した見解だと思います。


動く物体を目で追う上で、まず必要なのは目の動きの能力であることは言うまでもありません。

しかし、さらにその上に物体との距離を読むことの必要性から

ふたつの目のハイレベルな協調性は絶対に必要なもの。

それなくしてボールの位置を正しく把握することはむつかしくなるはずです。


だから今回も立岡選手は両眼視トレ。

Tateokasan

この春から名古屋球場でドラゴンズとのファームの試合があるたびに来てくれてます。

ソフトバンクホークスの期待の新人。

なかな素晴らしい目してます!


テーマ:福岡ソフトバンクホークス - ジャンル:スポーツ

スポーツビジョン |

呼吸を意識する

なんとか続けられているYOGA。

今日も行ってきました。

「呼吸に意識を向けること」って・・大切ですね。



目のトレーニングでも呼吸は大切です。


滑らかに上手に目を動かすことが苦手な人は

目をうまく動かそうとするとき、余分な力がからだに入ります。

すると呼吸のリズムが乱れたりする。


輻輳不全、つまり両目がうまく鼻先に寄っていかない目の人も。

両目を鼻先に寄せようと「うんん!」と力が入る。

こんなときは息するのを忘れてます。


ここが私がいつも言う、

「ビジョントレーニング」は目を「鍛え」てるわけではないという意味。

ウエイトトレーニングでさえ

いつも「せーの、よいしょっ」ってウエイトが持ち上がる訳ではないはず。

大胸筋を頭の中で意識しながら、筋肉を使う感覚を磨くことも大切じゃないですか?


目はなおさらそう。

ビジョントレーニングは鍛えるというより、「習う」感じ。

そのためには感覚を磨くことが大切。

眼球だけでなく、からだのあっちこっちのパーツを動かす感覚をみがくのです。

それが前提だから、当然自分の呼吸を正しく認識するよう心がけることは

とても大切。


でもこの呼吸を意識するというやつ、

「鍛」錬がひつようですね!!!


テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

見るトレ |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。