オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ホークス2軍コーチ陣

三人のおじさんが神妙な顔して何かのカードを眺めています。

hawks

でも、決して怪しい集まりではありません。


三人ともプロ野球ソフトバンクホークスの二軍コーチ陣。

今日は選手のビジョントレーニングで同行されました。

一番右が現役時代ピッチャーだった山川周一さん。

今はコンディショニングコーチをされています。


山川さんが、現在一軍のコンディショニングコーチ川村隆史さんとおふたりで

初めて研究所に来ていただいたのはもう12年前。


以来小久保選手をはじめとしてさまざまなホークスの選手が

ビジョンチェックやビジョントレーニングで来ていただきました。


山川さんのおとなりは林守備走塁コーチと山村打撃コーチ。

エキセントリックカードに取組中というわけです。

おふたりとも両眼視はちゃんとできる目をお持ちですが、

エキセントリックカードの要求する「微妙な」目のコーディネーションに

やや苦戦してました!!



スポンサーサイト

テーマ:福岡ソフトバンクホークス - ジャンル:スポーツ

スポーツビジョン |

子どものビジョン支援

千葉県のかわばた眼科の川端秀仁先生により

軽度発達障害をもつ児童の視覚機能についての支援として

視覚発達支援講習会」が開催されます。


教育現場や療育の専門家の方々を対象に

検査と支援の理論的背景から具体的な方法に至るまでの内容についての講習会です。


5月24日日曜、その第1回が工学院大学新宿キャンパスの大講義室で開催され、

視覚運動機能の発達とつまずき」というタイトルで

私が2時間ほど講演させていただきます。


お申し込みいただければ、どなたでも参加していただけます。

川端先生同様、この講習会を通して各方面の専門機関どうしの連携がより深まり、

我が国における子どもたちのビジョンへの支援が充実していくことを願ってやみません。


テーマ:ダウン症・自閉症・学習障害・勉強が苦手な子供への家庭教師 - ジャンル:学校・教育

ビジョン |

駆け足で東京出張

朝一番で東京へ。

今日はある意味、分刻み。

駆け足で、ネット関係、眼鏡業界、アスレチックジム、と異なる分野の方たちとお会いしました。

皆さん今後のビジョントレーニング展開に関すること。


先日接骨院や整体の先生の勉強会をおこなったように

異なる分野の方々が、ビジョンの取り組みに興味をお持ちです。


あいまをぬって東北沢のスクールオブスクールズにもお邪魔しました。

sukusuku

可愛い子どもたちがいつものようにたくさん出入りして、

楽しそうに授業を受けてました。

いつもながら、よい雰囲気です。ここのスクールは・・・。


夜遅く名古屋へ戻りました。

東京日帰りは慣れてますから苦ではありません。

色々と収穫があり、充実した出張でした。

オプトメトリストの考えるビジョンへの取り組みが

やっと日本でも理解されてきた感があります。


テーマ:こんな事がありました! - ジャンル:ブログ

ビジョントレーニング |

フィジカルとビジョン

最近、接骨院や整体の先生方とのご縁が多いです。

今回は北海道と神奈川県の先生にビジョントレーニングの勉強会。

sagashi

写真はブロックを使って、論理的思考のトレーニングのやり方をご指導しているところです。

お二人の先生にはそれぞれ別の機会でお会いしましたが、

お二人ともスポーツをする子どもさんたちに関わっていらっしゃいます。

フィジカル面だけでなく、ビジョンの指導も今後欠かせないモノと考えられたようで

今回の勉強会の開催となりました。


以前ご紹介した名古屋の接骨院の先生のところでも

来月第2回の勉強会を開催します。


テーマ:スポーツ - ジャンル:ニュース

ビジョントレーニング |

Never too old to start Vision Training!!

「私は101才です。

ビジョントレーニングを始めるのに年齢は関係ありません。」


     

‘I am 101 years old.

You're never too old to start and try vision therapy.’

その通りですね、ビジョントレーニングはいつ始めても有効です


テーマ:いいもの見つけた - ジャンル:日記

ビジョントレーニング |

目が自分をだます

バッティングセンターで今日ホームラン打ちました!!

っというか、ホームランと書かれた丸い看板にボールが当たり音楽が鳴ったんですが・・・。

あるおじさんの会の野球部に入ってから小学校以来の野球をやりはじめて8年

今回初めての快挙?です。

home

アメリカにいるときはよく週末にテニスしましたが

日本でのおじさん野球では時間がなく、練習も年間数えるほど。

バッティングセンターへは1年に2回くらい。

今回も1年以上ぶりのバッティングセンターでした。


それでも、すこ~しずつ、ほんとにすこ~しずつうまくなっていると感じます。

年を取っても視覚的、感覚統合的発達はホントにあるものだと実感してます。


今日は100Km以上や70~80Kmのボールを打ち込みましたが

70~80Kmのボールのあとの100Km

そして100Kmのボールのあとの70~80Kmで

最初の数球は、それぞれまったくタイミングがあいません。

おもしろいもんですね、人間の目は

自分で自分をだましてる。



私のド素人野球の話で、メジャー屈指のピッチャーの話を引き合いに出すのはとても失礼ですが・・・

かつて90年代、メジャーリーグのサイヤング賞(日本の沢村賞みたいなもの)を4度受賞し

3度のワールドシリーズで投げた

「精密機械」ーグレッグ・マダックス(Greg Maddux)はこんなことを言ったそうです;

‘Batting is timing. Pitcher's job is to disrupt batter's timing.’


「バッティングはタイミングが重要だ。ピッチャーの仕事は、いかにバッターのタイミングを崩すかだよ」

greg

マダックス氏の武器はボールの速さより、緩急をつき、コーナーを正確に攻める‘精密機械’のような投球術でした。

それにより、打者を翻弄したのです。

彼は打者の視線から見たボールをイメージでき

打者の目をだます投球術をもっていたのですね。


テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

スポーツビジョン |

もっと目を診て

子どもは発育の中でさまざまなことを身につけていって欲しい。

特にその中で、じょうずな目の使い方を学ぶことはとても大切。

小さなときから、からだを使い、目を使う体験を十分させてあげて欲しいです。

そして、できればビジョントレーニングを経験するのはとても必要なこと。


視力さえ良ければ、ほうっておいてもそんなもの自然に身につく・・・

っていうのはウソです。


学校でもこういった子どもの目の取り組みを考えていただきたいです。

視力測定だけの就学時検診では不十分。

隠れた目の問題ー視覚認知、隠れた遠視、乱視、両眼視機能、斜視、弱視など

学校で子どもにとってハンディとなるうる視機能の要素に

早め早めに対処し

理想的な学びが起こる環境を作ってあげて欲しいです。


テーマ:教育問題 - ジャンル:ニュース

子どものビジョン |

行列のできる

京都の今出川、同志社大学の近く、出町の「ふたば」さん。

創業は明治32年の和生菓子屋さん。

futaba2

この日も行列でした。


名代豆餅や田舎大福が有名です。

futaba1

おいしゅうございます。



テーマ:おすすめ - ジャンル:ブログ

五感で感じる京都 |

ご結婚おめでとうございます

日本のスピードスケート・ショートトラックの第一人者、寺尾悟選手。

short


今日は彼の結婚披露宴が名古屋の観光ホテルでありました

terao1

トヨタ自動車の同僚だった美香さん。

とても素敵なお嫁さんでした。

会場は終始なごやかな雰囲気で、ホント心温まる披露宴でした


また、同じテーブルにはこんな有名人もいらっしゃいました。

muro

すごく気さくな方でした。         でも、でかい!



寺尾選手は長野五輪のとき中京大学に在学中、2年半ビジョントレーニングに通ってくれてからのご縁。

世界選手権では数々のメダルを獲っている彼も、残念ながらオリンピックでは入賞のみ。

来年のバンクーバーでは、夫婦二人三脚で、輝くメダルを是非とも獲って欲しいです

頑張れ!寺尾!


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

People |

春のシンキングスクール

シンキングスクールの春期集中セミナーもまもなく終わります。

shunki

今年は例年になくにぎやかなクラスが多かった気がします。

つまり、皆それだけ楽しんでくれたんでは

と思ってます。

佐藤もそれだけ奮闘しました。


4月から新しいクラスが増えます!

春からのクラスに是非ご参加ください。

楽しいビジョントレーニング、目の学校のクラスです


テーマ:これがオススメ! - ジャンル:ニュース

子どものビジョン |

ある日の京都タワー

tower

夜の京都タワー・・・。

デジタルカメラも

たまには手動で撮ると

おもしろいものです


いつもとは違う目線で物事を見ると、とても新鮮だったりします。

皆さんもたまには違うルートで家に帰ったり

急行じゃなく普通に乗ったり

オフィスの自分の机の向きを変えてみたり

またまた、嫌いだと思ってるモノを食べてみたり

あまり普段体験しないことをやってみて

自分に眠っている新しい感覚を

呼び起こしてみてください



テーマ:日々の絵・イラスト - ジャンル:ブログ

五感で感じる京都 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。