オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

効き目は早いほうがいい!

私のところに検査に来ていただいた7才のお嬢さんのお父さんからのコメントです。


「実は娘は検査を受けただけなのに、すぐに変わってきたんです」

「今までよくわからなかった原因がはっきりし、自分の非ではないこともわかったせいか、さまざまなことに積極的に取り組むようになりました」

「さらに、母親が変わったのも大きく影響してます」

「娘のもっていたマイナスの部分が本人のせいでないことがわかり、彼女を叱ったりすることがすっかりなくなったんです」

「それが娘本人にとてもよい影響を与えています」


このお嬢さんはとても素敵な賢い女の子。

彼女が持ち合わせていた、ある程度のぎこちなさや要領の悪さが、視覚の発達の遅れに起因していると判断し、家でいくつかのトレーニングに取り組んでいただくことにしました。

しかし、それを始める矢先、どうやらよい方向へすでに向かいだしたようです。


彼女の問題は解決でき、しかも彼女がさぼったり、能力が低かったりしたから起こっていた問題でないことがわかっただけで、すでに色々な効果があったようです。


子どもは親や大人の言葉にとても敏感です。

それを肝に銘じながら子どもに接したいものですね。



スポンサーサイト

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

子どものビジョン |

ハングル語に訳された私の本

この写真は、現役世界チャンピオンの頃、私の指導のもと、飯田覚士さんが目を閉じてバランストレーニングをしているところ。

benkyou2

でもお気づきのように、文字はすべてハングル。

このページもそう。
壁に向かっておこなう眼球運動のトレーニング、フォア・コーナーズの解説。

benkyou3

やっぱりすべてハングル文字。

これらは2002年二見書房から出版した「勉強嫌い、集中力のなさは眼が原因だった」の内容ですが、実は韓国版なんです。

これが表紙。

benkyou

この本が韓国で出版されたことは知っていましたが、今まで一度も現物を見たことがなかったんです。

今日、この本を読んで、小学校2年生の子どもさんの検査のために韓国から来たお母さんが持参されたので、写真撮られせていただきました。

この男の子には眼球運動や、目と手の協調性、視覚認知、からだのコーディネイションの問題などがありました。

しかしどれも軽度です。少しトレーニングすればグングン伸びていくことと思います。

賢い子どもさんなのに、まわりから誤解を受けていたようです。

ワシントンD.C. のオプトメトリスト、ドクター・ハリー・ワックス Dr.Harry Wachs が言っていたとおり、視覚発達の問題をもった子どもさんは世界中にいるわけです。



ところで、実はもう一冊、近いうちに私の本が韓国で翻訳されることになりそうです。

それについては、またお知らせします。


テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

子どものビジョン |

ますます充実してきました!

27日は東京で第3回目の視覚発達研究会。

眼科医、小児科医、視能訓練士、作業療法士、教師、その他の専門分野の先生方など、たくさんの方々が最後まで熱心に参加してくださいました。

はっぴょう1


私は「視覚と運動の発達」と題して、運動の視覚発達への影響ついて講演させていただきました。

shikaku

また事例発表で、世田谷区の烏山北小学校のきこえとことばの教室から、視覚のトレーニングにより吃音が改善された例が報告され、非常に興味深かったです。

はっぴょう

かわばた眼科の川端先生や大阪医大LD外来の奥村先生などのご尽力により、この会も本当に充実してきた感じです。

テーマ:子供の教育 - ジャンル:学校・教育

ビジョン |

寄り目できない目の症状

私たちが遠く離れたモノを見ているとき、黒目は目のほとんど真ん中に位置してます。


ところが、手元にある本の文字、コンピューターの画面、携帯のメールなんかを見ようとすると、二つの目はやや鼻側に寄ります。

少し「寄り目」になるわけです。

わかりやすくするには、鼻先にペンとか指をゆっくりと近づけていき、それを両目で追っていくと寄り目になります。

専門的には「輻輳」(ふくそう)といいます。

本を読んでるときは、「両目が輻輳してる」状態です。


しかし、ふたつの目を内側に寄せるのが苦手な目があるんです。

これを「輻輳不全」といい、非斜視眼(斜視でない目)の両眼視機能の問題ではもっとも頻度が高いものと考えられています。

主な症状は次のようになります;

・眼精疲労(特に長時間本を読んだあと)
・頭痛
・集中力の減退
・読み飛ばし
・文字がぼける
・ 眠くなる(特に本を読んでるとき)
・ 本の文字が動いたり、浮き上がって見える
・読んだ内容が頭に残らない
・乗り物酔いやめまい
・モノが二重に見える
・目をこすったり、片眼を隠したりする


もちろん、寄り目ができない人すべてにこういった症状があるわけではありませんが。


机に向かって勉強したり、パソコンを長い時間使う人にとっては、大きなハードルとなることがあります。


しかも、ほとんどの人がその原因に気づいていないんです。


以前のブログ「寄り目できますか」でも書きましたが、輻輳不全は、その程度によっては、ビジョントレーニングでかなり早く回復できることが期待できる目でもあります。



テーマ:勉強道具☆ - ジャンル:学校・教育

両眼視 |

薬師寺ボクシングジム

WBC世界バンタム級チャンピオンだった薬師寺保栄さんが「薬師寺ボクシングジム+フィットネス」を開いたのは去年の春。

yakugym2

現役時代は彼のビジョントレーニングを93年から、ベルトを4度防衛して引退する95年まで担当しました。


今でもおつきあいは続いてますから、いつのまにかもう15年‥。



晴れてきのう彼のジムの会員になりました。


薬師寺ジムは大きなジムではないけど、アットホームでいい感じです。


今日は1時間ほど久しぶりに汗を流しました。


美人の奥様の博美さんも受付にいます。


しかも薬師寺さんが直接指導してくれます。

「先生、現役のときはビジョントレーニングでだいぶいじめられたから、今度は僕がしっかり鍛えてあげますよ!」

喜んでいいのか、よくわかりませんが‥


1階はプロも養成するボクシングジムです。
yakugym2


テーマ:ダイエット・美容・健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

People |

世界一受けたい授業

先週の日本テレビ「世界一受けたい授業」~脳にきく映像ベスト100で、ビジョントレーニングがなんと11位に入りました。

75shikai

まあこれは番組の構成上の流れもあっての11位ランクインなのかな‥。


でもありがたいことです。


ビジョントレーニングは日本ではまだまだ知られてません。


色々な方のご理解でやっと少しずつ知名度が増してきました。


「世界一受けたい授業」は、それに貢献していただいたうちのひとつかと思います。


こうやってビジョンについての理解が少しずつ浸透していけば嬉しいです。

すると、こういう番組がきっかけで、ビジョンの問題をもつ子どもが誤解を受けず、立派な大人に成長していく。


レッツ・ホニャララ!
75



テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ビジョントレーニング |

ヨーガの修行

先日、ヨーガ指導者の成瀬雅春先生のお話を聞く機会がありました。

ヨガと言ってしまいますが、サンスクリットでYOGAの「O」は長母音なので「ヨガ」ではなく「ヨーガ」と発音するそうです、知りませんでした!


でもまた「ヨガ」って言ってしまいそうですが‥。


イプラスジム学術顧問の志賀一雅先生からも、成瀬先生が素晴らしい先生であることはお聞きしてました。


「シャンバラからの伝言」と題したこの会では、五感を磨く魂の修行の実践というわけで、次の5つを。

・ムドラー行法(触覚の拡大と悟り)
・ナーダ行法(聴覚の拡大と悟り)
・ビンドゥ行法(視覚の拡大と悟り)
・アヒンサー行法(味覚の拡大と悟り)
・アーナンダ行法(嗅覚の拡大と悟り)


なんか難しそうですが、実際には、参加した人たちと色々と意見を言い合ったり、自分の考えているイメージの当てっこをしたりと、とても楽しい時間でした。


普段私は五感のうちのひとつ、「視覚」に関わる仕事をしてるわけですが、メガネの度数を決めるときも、そしてビジョントレーニングを指導するときも、視覚と他の五感との関わりの重要性についてはいやというほど感じています。


「瞑想を深めて繊細になればなるほど、時間と空間を超えた世界を体験することができる」というところまでは、かなり時間がかかりそう。


でも、「人間は自分の認識している世界に、自分で限界をつくってしまってる」というのはすごく納得できる話。


実際、ビジョンの問題をもつ子どもや大人の方の中にはこういったケースは多々見られます。


モノの見方=その人の考え方であることも。


やり方次第では、ヨーガの考えはビジョントレーニングに通じるところがたくさんあるような気がしてます。



ビーガン(完全菜食主義)の成瀬先生は「人間が家畜を食べるのをやめれば、世界中の食料危機が救われる」と言われるものの

「でもそれは誰しも急にはできないもの、少しずつ変えていければいい」と、スキニー・ビッチ SKINNY BITCH を読んで以来、そっち方向へゆっくりと向かいつつある私にとって理解あるお言葉!


成瀬先生は、親しみやすく、とてもやさしい先生であったことを付け加えておきます。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

雑 談 |

第3回視覚発達研究会

2006年からスタートした「視覚発達研究会」(第3回目)のご案内です。


7月27日(日)午後2時00分~5時00分まで(受付:1時15分開始)
場所は、東京眼鏡専門学校10階(大講義室)です。
             

プログラムは;

1 開会・会長挨拶:川端秀仁(かわばた眼科)  14時00分~14時10分

2 特別講演  「視覚と運動の発達」  14時10分~15時10分
    内藤貴雄(特別視機能研究所)


3 発達障害にともなう視知覚機能の問題 (3事例)
                       15時20分~17時00分
  こんなケースはどう考える、どう対処する?  
  どんな問題があるか? どのように対処するの? 効果はあったの?
  パネラーの方と一緒に考えましょう。
   
4 閉会の言葉:川端秀仁(かわばた眼科)17時00分~17時05分

5 懇親会
  学校内にて軽食と名刺交換を兼ねた懇親会を予定しています。
  参加希望の方は、申し込みの際にお伝えください。



申し込み方法:
氏名、所属、連絡先(電話/eメールアドレス)を明記し奥村宛(ped906@poh.osaka-med.ac.jp)にeメールでお送りください(原則として、当日受付は行いません)。定員になり次第、受付終了となります。
不明点はかわばた眼科簗田(eyedeal.id@gmail.com)または大阪医大LDセンター奥村(ped906@poh.osaka-med.ac.jp)までお問い合わせください。


参加費: 2000円  
注:研究会終了後の懇親会に参加を希望される場合は、懇親会費用を含み3,000円となります。参加希望の方は、申し込みの際にお伝えください。

以上です。


お申し込みの方はお急ぎください。



テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

ビジョン |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。