オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

合掌の効能

先日新幹線に乗っていたら、通路をはさんで反対側の座席に若い女性が座っていました。

ちょうど買ったサンドイッチを食べるところ。

サンドイッチに手を伸ばす前に軽く無言で「合掌」。

ほんの一瞬ですが、そのときの女性の姿がとても素敵でした。

「いただきます」と感謝して食する。

あたりまえのことなのですが、なかなかできないこと‥。


合掌とは;
右手は仏の象徴で、清らかなものや知恵を表す。左手は衆生、つまり自分自身であり、不浄さを持ってはいるが行動力の象徴である。両手を合わせることにより、仏と一体になることや仏への帰依を示すとされる。他人に向かって合掌をすることは、その者への深い尊敬の念を表す。(フリー百科事典;ウィキペディア(Wikipedia)より
という意味があるそうです。


ところでご存知のように合掌は自分のからだの中心、つまり正中線に掲げますが、ビジョンの発達において、実はこの正中線は大きな意味を持つのです。

幼児のときは、正中線にいわば邪魔され、うまくからだのクロスパターンの動きができないことがあります。

正中線を超えて、例えば右の手足を左側へ、左の手足を右側へ動かすことができるかが、子どものからだのコーディネーションに大きな影響を与えるのです。

しかし、からだの動きを学んでいくうちに、この正中線が消えていきます(邪魔しなくなります)。

すると両手使い、歩き、走り、自転車こぎ、ボール投げなどに流暢さが見えてくるのです。

いつもお話している「メンタル・ボディ・マップ」の概念です。


もちろん正中線は悪者ではありません。

むしろ子どもに自我が芽生えてくると、ここに「自分」が宿り、ここに「自分」の居場所が確立されます。


視覚の目標となるモノへ目を向けるときも、正中線を知ることにより右へ左へ目を動かしている感覚をつかみます。


正中線には支配されず、そのかわり、それを無意識のうちにコントロールできるようになることが大切というわけ。


ヨガをされている方はご存知だと思いますが、ヨガではよく合掌をします。

これはおそらく自分を内観する上で、合掌しながら正中線を確認し、自我をチェックする意味も含まれているのではと、先日もヨガを勉強しながら勝手に考えていました。

合掌し、相手を敬うと同時に、己の存在を知る。


ひょっとすると合掌はお釈迦さまが考えた「ビジョントレーニング」???


スポンサーサイト

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

ビジョン |

下北でお好み焼き

先日は東京と横浜を行き来。


横浜の、ある整体の先生のオフィスをご訪問した後、東京へ逆戻り。


この先生は、からだのケアに加えて、ビジョントレーニングのプログラムを取り入れたいとのこと‥。


東京へ戻った昼時に、渋谷からちょっと足を伸ばして下北沢に寄りました。


この店は2年前下北沢に来たとき見つけて、一度入ってみたいと思ってた店。


広島お好み焼きの「かどまえ」さん。

kado1

この店でランチするためだけに下北沢に来たようなもの。


そうでなくても下北沢はとても好きな町ですが。


2年前、上戸あやさん主演のテレビドラマ「下北サンデーズ」を見てて、舞台となったこの町のあちらこちらの‘絵’が気に入ってました。


ボリューム満点のお好み焼き。
kado2

マジでおいしゅうございました!

店内から外を見るとこんな感じ。

kado3



テーマ:お好み焼き - ジャンル:グルメ

おいしゅうございます |

世界一受けたい授業

久しぶりに東京は汐留にある日本テレビへ行ってきました。

NTV

7月5日(土)に「世界一受けたい授業」の特番の放映があるようです。


なんでも今までの授業の人気ベスト100を紹介するらしいです。


なんとか「ビジョントレーニング」の授業は100位以内に入ったようです!

よかった、よかった!


コメント用に数秒間取材受けました。


5秒くらい。


新しいトレーニングも用意されてます。


お時間ありましたら是非ご覧ください。


7月に入って最初の土曜の夜ですよ。


テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ビジョントレーニング |

SMARTプログラム

「動きのない学びはない」が、オプトメトリストの一貫した見解です。


からだの動きの感覚が目の動きの感覚を磨くんです。


それが理想的な学びを誘発します。


すると今度は目がからだの動きをリードします。


子どものために、目の動きやからだの動き、イメージトレーニングをスポーツジムでおこないます。


それを「スマート」プログラムと名付けました。



今回ヘルス・フィットネス・ジャパン2008でお披露目しました。


いよいよ秋頃から稼働です。



テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育

子どものビジョン |

子どもは動いて、動いて

肉体的に何の問題なく生まれてきた子どもであれば、ある程度の運動能力はあるもんだ。


っと誰も思うでしょう。


「ある程度」の運動能力がない場合は「運動音痴」ってことになってしまうのでしょうか?


よく考えてみてください、人間は実にたくさんの骨、筋肉、関節‥でできあがってます。


結構複雑なしくみです。


子どもはそのしくみの「取扱説明書」を持って生まれてくる訳じゃない。


親でさえ偉そうなこと言えない。ホントは自分のからだの動かし方さえ知ってるつもりで知らないもの。


成長の過程で学ぶんです。そのしくみや使い方を。


だからあっちこっち動かさなくちゃいけない。


運動音痴なんかじゃなくて、動くことをしてこなかっただけのこと。



動きの体験が重要です。動いて動いて動きまくって、自分のからだについて学ぶんです。



すると立ち振る舞いが統制されてくる。


ぎこちなさや「幼さ」が消えていくんです。


それがまた「見ること」にも大きな影響を与えます。


テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

子どものビジョン |

あれっ、できてる!

小さい頃、自転車の補助輪をはずして乗れるよう頑張った経験はありますか?

あるいは鉄棒の逆上がりができるように頑張ったとか?

自転車の後ろを支えてもらい走ったり、背中を抱えてもらって両足を鉄棒に巻き込んだりと、親や兄弟に手伝ってもらっても最初はなかなか苦労します。


しかし、平衡感覚や、からだの各部分の感覚-腕、足、腰、胴体を動かす感覚-を脳がうまく認識できるようになると、脳がその仕事をやってくれるようになります。

つまり、それまでは筋肉に仕事をさせようとしていたみたいなもの!?


自転車も逆上がりも、それが達成できたときは「あれっ、できた!」みたいな感じじゃなかったですか?

まるで、なんでかわからないけどできちゃった!みたいな。


トレーニングの内容によっては異なるものの、ビジョントレーニングもこれと同じなんです。

例えば両目のチームワーク。

最初はいくら頑張ってもふたつの目が一点にうまく合わない。

理屈で考えても達成できない。


でも、しばらくやっているうちに、目を動かす筋肉から来る感覚を脳がうまくつかめるようになってきます。

すると、あんなに苦労していたのに「あれっできてる!」となる。


ビジョントレーニングは「トレーニング」とは呼んでますが、実際には目や脳に新しく理想的な習慣をつけ、「見るための知能」を高めていく‘学びのプロセス’。


筋力トレーニングのように力を増大させるといった意味合いのものではありません。


適切な指導で、根気よく続ければ、知らないうちに身についてしまうことはよくあります。


そうなったらしめたものです。


実生活でも、その感覚で色々と目を上手に使えるようになるんです。


テーマ:目のトラブル、目の病気 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ビジョントレーニング |

立花さんの本

ロッテ・マリーンズ、コンディショニングコーチの立花龍司さんの新しい本。

tachi


「少年スポーツ体のつくり方!」西東社からの出版です。

かなり専門的に詳しく解説してあります。


52から61ページには、私の担当したビジョントレーニングの解説もあります。


できればこの本の前に私の本を。


先月ご紹介した日刊スポーツ出版社からの「小学生のためのビジョントレー二ン」を読んでいただくと、より理解が深まってよいと思います。


スポーツ体を作る前に、全体的な感覚-運動システムの下地をつくりあげます。



テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

BOOKS |

スポーツジムでのビジョントレーニング

とうとう始まりました。


スポーツジムでの子どものためのビジョントレーニング・プログラム。


といっても、今回はお試し会みたいなもの。実際のスタートはもう少しあと。


でも、子どもたちはとっても楽しんでくれました。


私もとても楽しかった!


ここはあるスポーツジムのスタジオルーム。


体験希望者を募ったら、あっというまに定員に。



目の動きなんかのプログラムは当然入ってますが、写真のようにからだを動かすプログラムも満載。

KIDSVT2


ビジョンはからだから鍛えることができるからです。


これはフリップ・フロップ。からだのbilaterality(両側面性の感覚)を養います。

KIDSVT3



さらに、フラッシュビジョンで瞬間視のトレーニングも!




こうして子どもたちに総合的なビジョントレーニングが指導できることは、とても理想的。


このプログラムは将来おもしろいことになるのでは‥。



最後には子どもたちに「また、来てね!」なんて言われてしまいました。


テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

子どものビジョン |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。