オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

妖精たちのビジョントレーニング

昨日は再び北京五輪ナショナル選抜団体チームのビジョントレーニング。


フェアリージャパン、妖精たちです。


二回目で選手の皆さんの顔と名前が一致してきたので、各選手のビジョンの個性も把握できてきました。


今回は前回の復習をしながらも、イメージトレーニングを多めに。

fairy


見た映像をイメージとして残すことや、あるいは耳から入った複数の情報を映像として順にあたまに並べたりするトレーニングなど。


今の若い人は、携帯やデジタルゲームなんかで、イメージを残すこと、つまり「視覚表象化」の技術が苦手な場合が。


でも、スポーツ選手にとって、こういったイメージ力はとても大切です。


よいイメージが選手のからだの動きを導きます。また、緊張のときも、自然に自分を導いてくれるのがこれ。


あるいは、突然の変化にも、一瞬にイメージ対応できてしまうことも。




それにしても、今回の新体操団体チームの山崎、五明、吉岡コーチは素晴らしいと思います。


3コーチにそれぞれ個性があって、選手達にとって母親だったり父親(?)だったり、また厳しい鬼コーチだったりと、愛情たっぷりにリードしておられる。


選手達は幸せです。



スポンサーサイト

テーマ:女性アスリート - ジャンル:スポーツ

スポーツビジョン |

からだの動きでビジョントレーニング

新しい本、でも今回はムック版の本が出ました。

KIDSVT


日刊スポーツ出版社から、遊びながら集中力がつく~「小学生のためのビジョントレーニング」。


親と子どもが家で楽しみながらトレーニングできるよう、写真も満載です。


目の動きなどのトレーニングはもちろんのこと、からだの動きのトレーニングについてたくさん紹介してあります。


ビジョンにとってからだの動きとの関わりは切り離せないものだからなんです。


からだの動きの感覚を磨くことが、見ることを磨きます。

すべての子どもさんに取り組んでいただきたいトレーニングばかりです。


テーマ:小学生ママの日記 - ジャンル:育児

子どものビジョン |

スラッガーの目を磨く

ソフトバンクホークスの小久保裕紀選手です。

kokubo1


中日ドラゴンズとの交流戦のため名古屋入り中。


例年のようにビジョントレーニングにやってきました。


ジャイアンツに在籍していた数年間は、もっと頻繁に名古屋に来れたのだけど‥。



いつものように両眼視のトレーニング。


ビジョントレーニングはやや久しぶりで、多少忘れかけてた感覚も部分的にあったみたい。


でも、そこはなんといってもビジョントレーニングはもう基礎ができてる人。


すぐに両目がびんびん動き出します。

kokubo2


いい目の動きの感覚持ってます。


さすが、です。


テーマ:福岡ソフトバンクホークス - ジャンル:スポーツ

スポーツビジョン |

ビジョントレーニング集中セミナー

去年に引き続き日本脳力開発研究所主催で「ビジョントレーニング集中セミナー」をやりました。

seminar1


写真は今日開催された東京会場での様子。


定員オーバーでした。ありがとうございました!!



でも大阪のセミナーは参加者足らずでキャンセルになったんです‥。残念です。




セミナーの内容も少しずつ去年と変わってきてます。


実際1日だけでは時間が足りない感じなので、将来的には1泊セミナーにできると嬉しいです。


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

ビジョントレーニング |

飛んでくるボールに差し込まれる

先日プロ野球2軍チームの選手の目を検査しました。


コーチ曰く、「身体能力は非常に高いのに、彼はどうかするとボールに差し込まれることがある」「なんとか捕球できるのだけど、危なっかしいときがある。目が原因のような気がするんです」とのことでした。


検査の結果、手元にせまってくる目標物に対して両目を均等に寄せていくことが下手な「輻輳不全(ふくそうふぜん)」という状態。


ブロックストリングでも、手元の玉はけっこう苦手。


不安定な動き。両目がお互いに反発し合ってる。


両目のチームワークの問題では、もっとも頻度の高いタイプです。

スポーツ選手にもよくあるタイプ。


この選手は内野手。速いボールの処理が必要です。


自分に迫ってくるボールを的確に捕らえる上で、ふたつの目が難なく寄っていくことができないとまずいです。


もちろん、そういった目使いができなくても捕球はできます。


それは人間が優秀な脳を持っているから。


いわゆる「体験からくる」ボールの軌道の読み。


長く野球やってきた人なら、打者の打ったボールがバウンドする様子のデータはたくさん脳裏にしまってあります。


だからからだで憶えて、できてしまう。

彼のような目でも、けっこう捕球できてしまう。

しかし、それはそれ。


1軍でゴールデングラブもらおうと思えば、滑らかにボールを鼻先まで追える「両目のチームワーク」は必須条件。


彼は納得して、今トレーニングに励んでます。


テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

スポーツビジョン |

フランコ選手が口にするもの

日本では1995年と1998年にプロ野球ロッテ・マリーンズでプレイしたフリオ・フランコ選手が正式に引退表明。

中日新聞夕刊の樋口浩一氏によるUS SPORTS ONLINEで紹介されてました。

franco


大リーグで2586安打、日本で286安打、これにメキシコ、韓国、ドミニカ共和国での数字を加えると3500を超えるとのこと。


公称49才。

ただし、本当がどうか定かではないらしい。

ひょっとすると50才過ぎてるという可能性も。


いずれにせよ「丈夫で長持ちの秘訣は」と、樋口氏がアメリカで七年前彼に尋ねたところ、「食事に気をつけている」と強調。

酒もたばこもやらない。

炭酸飲料やコーヒーも口にしない。

野菜と魚が中心の食事で、肉は避ける。


このブログでよくご紹介するSKINNY BITCHの本では魚でさえNGですが、それ以外はすべてこの本が推奨している通りの彼の食生活。

そうなんです、炭酸飲料もよくないらしいんですよ。



私はフランコ選手がロッテにいるとき、立花龍司コンディショニング・コーチからスポーツビジョン講演のお声が掛かり、鹿児島での春期キャンプで彼に会ったことがあります。


物静かで風格のある選手でした。


しかし、とにかく腕の太さにびっくり。


SKINNY BITCHによると、野菜でも、例えばブロッコリーなどで十分なタンパク質が摂れるそうです。

あの太い腕は、動物性タンパク質じゃなくって。植物性タンパク質でできあがったものものなんだ、きっと。

テーマ:千葉ロッテマリーンズ - ジャンル:スポーツ

People |

サッカーにも良い視力を

使い捨てコンタクトレンズで有名な米国ジョンソン&ジョンソン社-Johnson & Johnson Vision Care, Inc.。

このJohnson & Johnson 社が、2008年、米国サッカー協会(the U.S. Soccer Federation (USSF))のオフィシャルスポンサーとなり、男子、女子、ユースのチームをサポートすることになったそうです。

さらにJohnson & Johnson 社は、スポーツばかりでなく、日常、運転、仕事、学校でも、良い視力がいかに重要であるかということを知ってもらう啓蒙活動を進めながら、ナショナルチームのメンバーにレンズの供給もおこなっているのです。


女子サッカー・ナショナルチーム・メンバーである、ヘザー・オライリー選手 Heather O’Reilly は

「自分の低い視力が、サッカーでいかに不利で、プレイにどれだけ悪い影響を与えていたか、検査を受けるまで気がつかなかったんです!」

という自分自身の体験をふまえ、このキャンペーンの中心メンバーとなっているようです。

「適切な視力矯正によって、実際にボールの回転が見えるようになったおかげで、ボールがどこへ飛んでいくのか予期することができるようになった

それにより、自分のショットやパスがより正確にできるようになったんです!」
と語るオライリー選手、下の写真です。

JJ


彼女の活躍は2007 FIFA Women's World Cupで銅メダルをとったUSチームの中でもとびきり。


スポーツ・イラストレイテッド誌 Sports Illustrated で、2007 Sportsman of the year を受賞しました。


テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

スポーツビジョン |

誰に遠視のメガネ作ってもらうの?

視力が良くて今までメガネなんか掛けたことなかった人が、30才後半になって手元が見にくくなったり、コンピューターなどの仕事に伴う眼精疲労や頭痛が出てきた場合、有力な原因として「遠視」が疑われます。


遠視の人は遠くがよく見えてとても都合がよい。

と、考えられていますが、それはそのウラで毛様体筋が水晶体を一所懸命コントロールしているから。

つまり、遠視の目の場合、ものをはっきり見ようとするときはいつも、目のウラでの「頑張り」が支えとなっているのです。

でも頑張りにも限りがあります。


特に40才近くになると毛様体筋の力、つまりピント合わせの力が衰えてくるため、遠視の分をカバーするのが精一杯。

手元の細かい文字にピントを合わせる分なんてとても負担が大きすぎて‘しんどく’なる。


すると、「老眼」でもないのに近くの文字が見にくくなったり、あるいは目が疲れる、さらに頭痛まで起こる。 ことがある。


遠視のメガネを掛ければ、かなり楽になりますよ。


ただし、遠視の目の検査は簡単そうで難しい。


いくら衰えたピント合わせの力だといっても、これが検眼中邪魔をするからやっかい。

検査する人の腕前によっては、本当の遠視を見つけることができないこともあります。

要は、検査する人が遠視の目の‘クセ’をちゃんと知っているかなんです。


眼科やメガネ屋なら、検査はどこでも大丈夫。と、いうわけでもないんですよ、残念ながらこれが‥。




テーマ:視力回復 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

遠 視 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。