オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ランドセルのその後・・

宇都宮大学特任准教授の米川正子さん。

これまで13年間に渡って国連難民高等弁務官の仕事で

アフリカ大湖地域の人道支援や平和構築の実務に携わってこられた経験から

去年の12月に起こった「タイガーマスク運動」について

コメントされた記事です。

rota


これまで見てきた国際社会の支援のあり方が

実はアフリカなど、支援を受ける側のニーズに誤解があったために

多くが無駄になってきたことも。

寄付、あるいは支援は ‘プレゼント’ではないので

支援対象者の本当のニーズを把握せずに一方的におこなうと

単なる自己満足的支援になってしまうことがあるというのです。



そして米川氏は・・

「そもそもなぜ児童施設が存在するのだろうか?」

親の死によって孤児となった子どもが児童施設に入るのは避けられない。

しかし残念ながら近年は親による虐待から逃れるために児童施設に入るケースが増えている。

このような虐待の予防は可能であるはず。


それならランドセルというモノにお金を使うのではなく

虐待を減らし、人が家族やコミュニティーを大切にする社会づくりの

啓蒙活動にお金を使うべきではないだろうか、と書かれています。


米川氏は

決してランドセルを送った方々の行為を否定するのではなく

もっと多くの子どもが喜び、幸せになるような方向へ

じょうずにお金が動くようなしくみを

皆で知恵を出して考えなくてはならないとおっしゃっているのでしょう。



人が人を助け合う。

大事なことですね。

でも、できれば、そのより良い手段を考えることの必要性はありますね。

今回の震災の被災者の方への支援も同じでしょう。



スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ

映 画 |

バットマン

バットマン映画。

今回は「Dark Knight」~訳すと「闇の騎士」とでもなるのでしょうか?
バットマン好きな私にとってはかなり楽しめました。
中でも今回のジョーカーは良かったです。
とても。
どうしようもないワル、そしてなんと言ってもあの不気味さを楽しみました!

serious

最近の2作品バットマンに扮したクリスチャン・ベールはとてもダンディ。

bruce

でも19年前、映画となって初めて登場したときのバットマン役はマイケル・キートン。

batman

キートンさんもかなり良かったですね。
そのキートンさんに対する悪役だったのは、ジャック・ニコルソンのジョーカー。

Joker

今回のジョーカーとはだいぶ雰囲気違いますが、ニコルソンさんの悪役はやっぱり一流。
役どころは違いますが、1997年の「恋愛小説家」は何度もビデオで見て楽しみました。相手役のヘレン・ハントやオカマの画家役のグレッグ・キニアもよかった!ただし、最近のモーガン・フリーマンと共演した「最高の人生の見つけ方」はちょっと期待はずれでしたが・・・。

キートンさんのバットマン2作目は「バットマン・リターンズ」で、監督があのティム・バートン。そしてダニー・デビート扮するペンギンと戦いましたが、デビートさんのペンギンもまた気味悪くてよかった!キャットウーマンもなかなか・・・でした。
ちなみに、ジャック・ニコルソンとダニー・デビートは1975年「カッコーの巣の上で」で共演してます。



さてさて、ニコルソンさんもはまってましたが、今回のヒース・レジャー扮するジョーカーはやはりかなりのもの。

why

Why so serious?」~「なんでそんなに真剣な顔してんだ?」みたいなことを言うときの顔。
そして自分の口の中で舌をころがすときの表情・・・。
いい味出してました。

しかし、驚いたことに今年の1月、ニューヨークの自宅で亡られたそうです。「Dark Knight」の封切り前の出来事です。複数の処方薬による急性中毒だったとか。

いい役者さんだったのに・・・。

Joker

とても残念です。



テーマ:バットマン ダークナイト - ジャンル:映画

映 画 |

あの日のこと

ヒロシマナガサキ」を見てきました。

ヒロシマナガサキ




ロサンゼルス生まれ日系三世のスティーブン・オカザキ監督の映画です。

1945年8月6日と9日に、日本は広島と長崎で被爆しました。

広島で14万人、長崎で7万人の方が亡くなられ、しかも数年後には、さらに16万人の方が被爆による後遺症で亡くなられたそうです。

この映画は、ヒロシマ、ナガサキを
単なるひとつの「過去」にしてしまってはいけないという
メッセージを持つ映画だと思います。

その内容の凄まじさに反し、被爆者の方たちは、むしろ淡々と語っていきますが・・・。


映画ができるまでに、色々と米国では反発があったとのこと。

でも、8月6日に全米に向けてテレビ放映されたそうです。

是非、是非、見にいかれることをお奨めします。


映 画 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。