オプトメトリストの時間

EYECARE, VISIONCARE, LOVE & CARE・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Wish You All a Very Happy and Fun Filled New Year!!!

あけましておめでとうございます。

sv2

今年は、いつもの幼児からお年寄りまでのビジョントレーニングに加え

2020年東京オリンピックに向けたジュニア・アスリートのための

ビジョントレーニングをさらに強化していきます。


どうか本年もよろしくお願い申し上げます!

2014年が皆さんにとって最高に素晴らしい年になりますように!!



スポンサーサイト

テーマ:年末年始のご挨拶 - ジャンル:ブログ

スポーツビジョン |

山井大介選手のノーヒットノーラン記念!

yamai

ドラゴンズ山井大介選手の例のメガネ(Oakley) は

2004年以来ずっと私がケアさせてもらってます。

当時、監督が落合さんに代わり

ピッチャーのメガネ装用がすぐさまOKになったということで・・・。


今年の6月28日の横浜DeNA戦ではついにノーヒッター達成!

その記念ボールを、今日届けに来てくださいました!



テーマ:ちょっとしたこと書きます - ジャンル:ブログ

スポーツビジョン |

空間を読む目

視力は単に「はっきり見る」仕事しかしてくれません。

もちろんそれは重要な仕事ですが、それだけでは私たちはこの世界を正しく「見る」ことができないのです。

私たちの「目」に求められる重要な力は「空間を読む力です」。

それをSpatial Visionと呼んだりします。


Spatial Visionの仕事は・・・

・Understanding the position of our bodies in space
 空間内における自分自身のからだの位置・場所の理解

・Computing the relationship between objects and oneself
 空間内の様々な物体と自分との位置関係の計算

・Assessing and computing the spatial relationship between objects
 様々な物体同士の空間的関係を判断・計算する

・Understanding the visual-spatial features of objects in the environment
 そこにある様々な物体の視覚ー空間的特徴の把握

・Effective use of vision to guide movement through space
 空間内における自分の動きのガイド役としての効果的な活用

・Visually directed reaching, grasping, and manipulating of objects
 目標に手を伸ばし+目標をつかみ+それを操作するための、視覚的ガイド(された行為)

・Major contribution to overall cognitive function
 全体的な認知機能への多大な貢献

ただしSpatial Visionは、視力と違い、育てていくもの。

生まれつき備わっているものではありません!

発達の中で、子どもに健全に宿っていくよう正しい方法で働きかけをしなくてはなりません。

001

考文献:Vision Rehabilitation



テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ

ビジョン |

本を読むこと

本を読むことは、おそらく子どもの知能の発達のためにとても重要なプロセス。



しかし、5メール先の視力表が全部下まで読めたとしても

つまり、1.0 の視力があっても

目前40センチ先にある本の文字が鮮明に見えているとは限らない

ということは知られていない。


また目がちゃんと行を正しく追っていけるための「運動能力」をもちあわせていないと

文字や行を飛ばしたりすることがあることも知られていない。


さらにふたつの目が協調して働いてくれないと

読書がとてもつらくて、疲れる仕事になってしまうということも

知られていない。


子どもが読書を楽しめるための視機能をちゃんと備えているか

まず就学時に調べてみることは、とても重要なこと。

でも視力測定だけでは何もわからない。



テーマ:ちょっとしたこと書きます - ジャンル:ブログ

子どものビジョン |

診断名




先日検査に来た8才の子どもさんの問診表です。

「注意欠陥多動性障害」(ADHD)

何年も前から急に増えてきた診断名です。


しかし多くの場合、問診データだけが基準で

ドクターはその日初めてその子どもさん(患者さん)と出会い

数十分後にこの診断名を書かれるのではないでしょうか?

「くしゃみがでて、熱っぽい」・・・「あ〜風邪ですね」とは、

やや意味が違うのでは?・・・。


ADHDは脳の機能障害という学説もあります。

本当にあなたの子どもはそうなのか?


お母さんは、その子を8年間ずっと見てきたのです。

ご自分の目や母親としての感覚をもっと信じてみてください。

「この子にそんな障害はない・・・」と。


テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

子どものビジョン |

斜視は眼球だけの問題か?

斜視の子どもは、ふたつの目をチームワークよく使えないでいる。

しかしこれは目の筋肉(外眼筋)の問題だけではない。

視覚—脳のコーディネーションの問題でもある。

従って、こういった子どものビジョントレーニングには

視覚中心の運動あるいは感覚のトレーニングを加えることが必要不可欠である。

内斜視を治療するために外眼筋にメスを入れる手術をおこうことがよくあるが、

しかるべき効果がでない理由は、この辺にもある。

166094_611737922170179_595139287_n.jpg

写真では自分のからだの右側と左側を統合させるべく,

視覚—粗大運動をおこなっている。

楽しみながらできるこういったトレーニングを是非加えるべきだ。


テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

ビジョントレーニング |

あまりにも安易な投薬

不注意で多動な子どもでも、中には遠視のメガネを掛けたり、両眼視のビジョントレーニングをすることにより、劇的に行動の問題が改善されたケースをたくさん見てきた。

コンサータ(成分=塩酸メチルフェニデード)。

コンサータ

不注意や多動などの特徴があると言われる、注意欠陥多動性障害(ADHD)の小児用治療薬として初めて国内で承認された。

「落ち着きがなく、授業に集中できない、イライラして友達とうまくいかない」などの症状があると、ドクターによってはこの薬をすぐさま処方するようだ。

「コンサータを飲むことによって学校生活がうまくいくようになり、ADHD児は欠如していた自尊心が取り戻せる」という。

こういった子どもたちは、脳内の細胞「シナプス」の間にあるドーパミンなどの神経伝達物質の濃度が低く、伝達の効率が悪いため、不注意や多動の原因になっていると考えられている。

本当にいつもそうだろうか?こういった子どもの行動・イコール・伝達物質の問題なのだろうか?

多分・・多分だが、夫婦げんかばかりしている親を持つ子どもにも「落ち着きがなく、授業に集中できず、イライラして友達とうまくいかない」といった症状があっても不思議でない。

そればかりか、(日本にはこれを調べる医療システムがほとんどないが)視力が良くても、目の動き、焦点合わせの柔軟性、両目のチームワークなど,精神科や眼科で調べない、「目の働き」に問題があると、子どもは「落ち着きがなくなり、授業に集中できず、イライラして友達とうまくいかない」ことはよくある。

目の働きと子どもの行動に密接な関係があることは、何十年も前から海外のオプトメトリストが証明している。

症状だけを聞いてADHDの診断、そして投薬。これでいいのだろうか??


テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

子どものビジョン |

斜視のビジョントレーニング

ひとことで斜視といっても色々なタイプがあります。

ESOT

眼位のずれもさまざま。

発症時期も生まれつきとは限りません。

大人になってから現れる斜視もあります。


多分、ほとんどの日本の眼科医の斜視治療は「手術」。

外眼筋にメスを入れます。

しかし、思ったような結果が手術で得られないこともあります。


眼科の先生に、斜視をトレーニングで改善するという考え方はほとんどないようです。

それはアメリカでも同じ。

しかし、アメリカにはオプトメトリーがあります。

オプトメトリストのビジョントレーニングで斜視を改善することは可能です。

時間はかかります。 

素晴らしい結果を出すこともよくあります。

もちろん簡単にはいかないケースも多々あります。


でも、ふたつの目がどんなふうに働くかはその人の一生の問題にもなり得ます。

ビジョントレーニングというひとつの選択肢が

我が国にもまずあってもいいのではと考えます。

日本にはその選択肢がないのは納得いきません。



テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

斜 視 |

クマ歩きだっ!

Bear Walking

クマ歩き。

ただし、ひざは曲げずに、かかとも地に着けて。

ちょっとむつかしいクマ歩き。

くま

でも、これが効くんです。

何に効くかと言えば、ものを見る力につながります。


からだの左右を交互に動かす感覚を育てることにより

幼児期に育てるべき、自然なからだの動きのパターンを再構築します。

それがメタルマップ(からだの頭脳的地図)を塗り替え

空間を上手に理解できる視覚を育てます。


テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

子どものビジョン |

早く考える習慣

イッジー;IIZZIはアメリカから来たゲーム。

タイルの隣り合う面を同じ色になるように、指定されたようにタイルを配列します。

ZZIの名前の由来は・・・

このゲームやってるとめまいがしてきて

気が遠くなりそうになるから(ディジー;DIZZY;めまいの意味)とのこと。

アメリカらしいユーモアですね。


確かに視覚認知の力を色々な角度から試してくれるゲームです。

私のところでは、大人のビジョントレーニングによく使います。

比較的簡単なタイルの配列を選び

時間をものすごく短く設定しスポーツ選手などにもやってもらいます。

IZZI2

時間が短いので「早くスキャンし、見極め、描き、見つける」ことを要求されます。

つまり早く目を使って

思考する習慣を身につけるためのトレーニングなんです。

テーマ:ちょっとしたこと書きます - ジャンル:ブログ

スポーツビジョン |

競艇チャンピオン

Hida


実はこの美しい笑顔からは想像しがたいパワーの持ち主。

日高逸子さん。

競艇の世界では知らない人はいない戦歴を誇る、二児の母。

ニックネームは「グレートマザー」。

私のご指導する福岡にあるイプラスの教室に

ビジョントレーニングで通ってらっしゃいます。


トップクラスであり続けるために、いつも好奇心旺盛のようです。

きのうはメガネの購入のためにわざわざ名古屋へ寄ってくださいました。



テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

スポーツビジョン |

目の学校 in Okinawa

沖縄で会った6才のT君

未熟児網膜症ですが

「目の学校」のビジョントレーニングに通ってからは

目の使い方もうまくなり

またとても活発になったとのこと

メガネの装用も「目の学校」のスタッフが提案した結果

眼科の先生からGOが出たようです!

これは彼の目ではありません

しかし未熟児網膜症の典型的な網膜の画像です

rop



テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

子どものビジョン |

前庭の発達を促す

twist


前庭システムのためのトレーニングです。

写真のようにボールを左右にパスします。

ひとりが右へ回転すれば

もうひとりは同時に左へ回転しボールを受け取ります。


これを繰り返しおこないます。


また頭の上、両足のあいだのパスの繰り返しもおこないます。

子どもの気分が悪くなった場合は、ただちにやめます。


しかし時間をあけて再びおこなうことで、子どもはじょじょに慣れていきます。



テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

ビジョントレーニング |

ボールに乗っかって!

ball


前庭システムのトレーニングです。


子どもの足が床に着く大きさのボールに座らせ

バランスをとらせます。


うまくバランスがとれない子どもは、大人が手を貸します。


ひとりで座ってられる子どもは

両腕をヨコに伸ばし

目を閉じたり

両足を床から離すなどの負荷をかけます!



テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

子どものビジョン |

前庭機能は私たちの土台機能

Vestibular (三半規管;前庭システム)は

他の感覚システムへ向けて

また普通に日常生活を営む上で

最も重要な影響力をもつ感覚システムであると考えられています。

vest

前庭機能はまるで交通整理のおまわりさんのように

各感覚(視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚など)に

いつ働いて、いつストップするかなど教えるのです!




テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

ビジョン |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。